Tag Archives: Flowers

Brockhampton Village Show ブロックハンプトンのヴィレッジ.ショー

IMG_1859

One thing I would recommend any visitor to the Cotswolds to do is visit a village show. They usually take place on Saturdays in the Summer. They’re open to all.

私がコッツウォルズを訪れるどんな人にも勧めるものと言えばそれはヴィレッジ.ショーだろう。

通常夏のある日曜に開催され、誰でもが参加できるのがヴィレッジ.ショーだ。

Usually arranged around a village hall, you’ll find afternoon tea tents, competitions and games, secondhand book and plant stalls and second hand ‘antiques’ stands. Prices are always low and the cakes are always very good.

普通はヴィレッジ.ホールの周りで行われ、そこにはお茶を提供するテントがあり、コンテストやゲームが行われ、古本屋や植物を販売する露店、そして‘アンティーク’と呼ばれはするが中古品等を売る出店が出る。値段はいつも低め、そしてケーキはいつもおいしい。

Today I went to Brockhampton a tiny village near Cheltenham  – here are some pictures of competitors in the best fruit, vegetable and flower competitions. It’s a very nice way to spend the afternoon.

今日、私はチェルテナムに近い小さな村ブロックハンプトンに行ってきた。下の写真はフルーツ、野菜、花のコンテストの写真だ。こうやって午後のひと時を過ごすのは実に楽しい。

IMG_1865IMG_1845IMG_1843IMG_1842IMG_1841IMG_1848IMG_1847IMG_1849IMG_1854IMG_1853IMG_1852IMG_1856IMG_1860

IMG_1864

Valentine’s Day in Japan and Britain 日本とイギリスのバレンタイン.デー

IMAG3791

I was reading about Valentine’s Day in Japan and it seems that it’s a little different to ours.

日本のバレンタイン.デイのことを読んでいたところだが、イギリスのものとは少し違うようだ。

To begin with, it’s properly called St Valentine’s Day, named after an one or more Roman saints. The stories of the Roman ‘Valentinus’ are probably more myth than legend, but one version says that a priest of that name defied the Emperor Claudius and married couples in secret so that the husbands wouldn’t have to go to war.

まず、正確な呼び名はセント.バレンタインズ.デイ。ローマ時代の何人かの聖者に由来する。ローマ人‘ヴェレンティナス’の話は、多分伝説というよりは神話に近いと言っていいだろう。しかし一説によれば皇帝クローディアスの命に反抗し、夫が戦争に行かなくてもいいようにと極秘のうちに若いカップルたちを結婚させていた同名の牧師に由来するとも言われている。

In Britain, we’ve gone pretty commercial about Valentine’s Day and everything from restaurants to the Fifty Shades of Grey movie is promoted in February.  It’s good to remember though that February 14th is based on a simple idea; lovers exchange cards and maybe a small gifts.  I always think a bit of thought is usually more romantic than an expensive present.  Unlike Japan, the exchange is two-way, girlfriend and boyfriend, husband and wife but, if you’re single (or being a bit naughty) it’s also it’s an opportunity to send a secret card to someone that you fancy. In fact, secrecy is part of it and even husband and wives usually don’t write their names in cards – just the words ‘be my Valentine.’   So if you are single and you get a card (or maybe more than one) you may have to guess who send it, which is kind of fun – but best not to guess wrong…

この国でもバレンタイン.デイはアメリカのように商業中心になっている傾向にある。2月に入るとレストランから、映画 ‘Fifty Shades of Grey ’まで全てのプロモーションが始まる。しかし、2月14日の日はごく単純なアイデイアに基づいていることを覚えておこう。それは恋人同士がカードやちょっとした贈り物を交換することだ。日本と違い、この国では恋人同士が両方で交換しあう。ガールフレンドとボーイフレンド、夫と妻など。しかし、もしあなたがシングルであったら(またはちょっと積極的な気分であれば)、気になる人に匿名でカードを出す機会でもあるのだ。もっとも秘密ということは大切なことであり、通常夫婦の間でさえカードに名前を書かない ー ‘私の恋人になってください。’という文章だけである。 ということで、もしあなたがシングルでカードをもらったら(一枚以上かもしれないが)、誰が送ったかを想像する必要がある。楽しいことではあるが、想像が間違っていないよう気をつけなければならない。

As in Japan, flowers and chocolate seems to be the main Valentine gifts, but remember that boys and girls exchange cards and gifts on this day, not just girls and… there’s no ‘tomo choco’, no ‘famili choco’, no ‘giri choco’ – just ‘honmei choco’ for the special one. And there’s no White Day to follow.

日本と同じように花束やチョコレートが贈られる。しかし、忘れてはいけないことはこの日、男女両方がカードやギフトを贈ることだ。女性だけではない。また‘友チョコ’もなければ‘ファミチョコ’もないし‘義理チョコ’もない。 - 特別な人の‘本命チョコ’のみである。そしてこれに続くホワイトデーなるものもない。

So how about me? It so happens that my Birthday is on the day after Valentine’s Day, 15th February, so often the postman delivers lots of cards on the 14th. I never tell him why. This year I designed and made a Valentine’s card for a change (see picture of our bookshelf).

私はどうだろう? 実は誕生日が翌日の15日であることから、郵便配達人は14日に沢山のカードを届けることになる。その理由は彼には話したことがない。今年は私はバレンタインのカードを自分で作ることにした。(上にある本棚の写真を見てほしい)

Card-sending really took off in 19th century Victorian times – this is how our where our images of flowers, doves and hearts started to become traditional.

カードを送ることは19世紀のヴィクトリア時代に一般に浸透した - それ以後、花や鳩、ハートのイメージが伝統になったのだ。.

Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.18 Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.31

Anyway, I wish you a Happy Valentine’s Day from the Cotswolds and I hope that you all received some Honmei Choco from someone special.

何はともあれ、コッツウォルズより ハッピー.バレンタインズ.デイ  皆さんが、特別な人から本命チョコをが届いたことを期待する。

クリスマスの伝統 その 2 : ヤドリギ

IMAG3631

It’s a tradition to bring Mistletoe into the house at Christmas.

イギリスの伝統のひとつはクリスマスにヤドリギを家の中に飾ることだ。

Mistletoe is a common sight in the Cotswolds, high in the trees that line the country lanes. It’s a mysterious, parasitic plant that feeds on trees and looks like a loose ball of leaves suspended from bare winter branches.

ヤドリギはコッツウォルズでは良く見かける。それはカントリーレインに並ぶ木々の上の高い所に宿る。ヤドリギは他の木に寄生し、裸になった冬の木々の枝にぶらさがるボールのようなような不思議な植物だ。

In my case, I took two boughs from my father’s apple tree this afternoon. Cutting your own mistletoe is very satisfying… it’s good for the host tree and the vivid green brightens up the house in December.

今日の午後、私は父のところにあるリンゴの木から2本の枝を持ってきた。自分で切ったヤドリギに満足だ。宿っている木々にも良いことだし、その鮮やかな緑が12月の家々を明るくくしてくれる。

This winter, all the local mistletoe seems to be especially bright and perfect, with plenty of the usual milky white berries. Tradition says that if you stand under the mistletoe you can ask for a kiss. And there is said to be a kiss for every berry…

今年の冬は、地元の全てのヤドリギはミルクのような白いベリーを多くつけて特別に鮮やかで、完璧に見える。伝統ではヤドリギの下立つとキスをしてもいいということになっている。そしてそれは一個一個のベリーの数と同じ数のキスだそうな....

IMAG3629

Shopping – Cotswolds Style

Now that it’s Spring (and even beginning to feel like Summer), it’s good to sometimes ignore boring supermarkets and try a more unusual style of shopping.

やっと春らしい季節になってきたところで(夏の訪れさえ感じ始めている)、おもしろくないスーパーでの買い物の代わりにもっとユニークなショッピングスタイルを考えるのもいいだろう。.

Image

On Saturday, a very warm day, we started by driving past nearby Winchcombe to buy some apple juice from Hayles Fruit Farm. Nextwe passed typical roadside Cotswold hedges, covered with spectacular white hawthorne blossom and what the local people call ‘cow parsley’. We headed for Farmcote Herbs, which is run by Tim and Jane. Here we bought parsley, thyme, basil, coriander and 3 different types of chilli plant.  Tim grows everything himself and has a menu of unusual types of chilli plants for sale – the British love spicy food.

私たちはヘイルズ果樹園で作られるリンゴジュースを買うために、近くのウィンチカム方面のドライブに出かけた。それはとても暖かい土曜日であった。コッツウォルズの道端でよく見かける白いサンザシの生垣や、地元の人が‘カウパセリ’と呼んでいる白い花が咲いている。果樹園の次の目的地はティムとジェイン夫妻が経営するファームコート.ハーブズだ。ここではパセリ、タイム、バジル、コリアンダー、そして3種類のチリの苗を買った。ティムは珍しい種類のチリを含む全ての苗を自分で栽培、販売している。- 英国人はスパイシーな食べ物が大好きなのだ。

ImageImage

We drove on past the Lavender fields at Snowshill, which are just beginning to show their colour.  We visited Old Farm, a farm shop near Moreton-in-Marsh, to buy some cheese,  bread, pork sausages, new potatoes and onions.  We tried a taster of ‘Righton’s Ruin’, a new cider named after the owners. Sarah and Simon Righton.

更に我々は色づき始めたスノーズヒルのラベンダー畑の横を通り、モートン.イン.マーシュ近辺にあるオールド.ファームでチーズ、パン、豚のソーセージ、新じゃがと玉ネギを買った。そこではまた、‘ライトンズ.ルイン(‘あまりにおいしくてまたは強烈で、飲んだ人を破滅してしまう’という意味)という新しいリンゴ酒を試してみた。この名はオーナーであるセラ&サイモン.ライトンに由来する。

By now we were hungry, so we stopped  at my favourite Pub in the Cotswolds, which is the Plough Inn at Kingham. Emily Watkins, the Chef proprietor, is very skilled at finding local producers and takes the trouble to make almost everything in the kitchen ‘from scratch’ (that means ‘from the start’), from beautiful ingredients. As it was a hot day, I had a classic, deceptively simple ‘Ploughman’s lunch’. You see ‘Ploughman’s lunch’ on many English pub menus – it usually includes bread, cheese, pickles, butter and tomato or salad. Emily’s was perfect. Homemade bread, ham and a delicious Double Gloucester cheese came with salad – delicate leaves that you knew had been picked nearby and very recently.

さて、そろそろお腹もすいてきたのでコッツウォルズで私が気に入っているパブに行くことにした。キンガムにあるプラウ.インだ。オーナーシェフであるエミリー.ワトキンズは地元の生産者を見つけるのが得意だ。そして彼女は彼らの素晴らしい材料を使って、ほとんど全てのものを彼女のキッチンで作るように努力している。その日は暑い日だったので私は迷わずにシンプルでクラシックな‘プラウマンズ.ランチ’をオーダーした。‘プラウマンズ.ランチ’は多くのイングリッシュパブのメニューに載っている。- パン、チーズ、ピクルス、バター、そしてトマト、またはサラダがついてくる。しかし、エミリーのものは完璧だ。ホームメードのパン、ハムと美味しいダブルグロスター.チーズにサラダが皿を飾る。サラダのデリケートな葉を見れば、それは直前に、そしてすぐ近くで摘まれたものということがすぐにわかる。

On the way home we stopped at another farm to buy a chicken and some eggs.

帰路につく途中、他の農場で私たちはチッキンと卵を買った。

Just as we got back we noticed that the local junk shop had a garden table and chairs for sale. These are things that our garden has needed for a long time, so I bought them at 1/4 of the price of the garden shop versions.  And very nice they look too…

家にたどりつくちょっと前に、地元のジャンクショップでガーデン用テーブルとイスが売られていることに気が付いた。長年我が家の庭に必要だと思っていたものなので普通のガーデンショップで売られているもの4分の1の値段でそれらを購入した。見た目もなかなかいい。.

Image

It was a great day for shopping and it beat going to the High Street…  it’s also a nice feeling to support growers and farmers who make high-quality food in the Cotswolds.