Tag Archives: England

My Father’s Garden 父のガーデン

I visited my father last weekend and I was, as usual, impressed at how beautiful the garden is.

週末に父のところに行った。そしていつものように庭の美しさに感動した。

The garden was started in the 1960s, created on clay soil. Dad laboriously dug up the clay, burnt it and then broke up and mixed in with the soil. So this garden really was built ‘from the ground up’.

父が粘土質の土地にこのガーデンを作り始めたのは1960年代だった。父はその粘土を苦労しながら一生懸命掘り起し、焼いて砕いて、そして土と混ぜた。だからこの庭は本当にゼロから始まったと言える。

Over the years we have added different bits and pieces, such as rocks ‘borrowed’ from the nearby Forest of Dean, Tunisian clay lights and a metal  porthole from a shipwreck in Wales. Most importantly hundreds of plants, a couple of ponds and  various fruit trees have been included to make what is a good example of an English gardeners home.

長年の間に私たちは近くのディーンの森から‘借りてきた’岩や、チュニジアの粘土や、ウェールズで難破した船から持ってきた金属製の舷窓などをちょこちょこ付け足していった。以来何百という植物、ふたつの池、幾種もの果物の木が加えられ、イギリスの園芸家の典型的な庭になっていった。

 

Nodding Heads 首を振りながら

The end of January and early February see the arrival of snowdrops in the Cotswolds. These delicate, pure white flowers have their own enthusiasts, not least because they mark the passing of winter and the coming of Spring.

1月末から2月初めにかけてコッツウォルズではスノードロップが咲き始める。その繊細で真っ白い花は特に冬の終わりと春の到来を告げるので、熱心なファンもいる。

Snowdrops are mysterious little plants – the botanical name is Galanthus (Greek gala “milk”/ anthos “flower”) and they come with various rural suspicions, for example it’s said to be unlucky to bring them into the house.

スノードロップは神秘的な小さな植物だ - その学名は‘ガランサス’で(ギリシャ語でガラとはミルク、アンソスとは花の意)、田舎には花に関してのさまざまな迷信がいまだに残る。例えばスノードロップを家の中に持ち込むことは縁起が悪いと言われている。DSC01680This year we went to Colesbourne Park to see one of the largest collections in Britain. The private garden opens for a just few days a year, at this time, to allow people to walk around the gardens and church to see spectacular banks of snowdrops, their heads nodding in the breeze. Enthusiasm for snowdrops is high here – they’re even on the alter cloth in the church.

我々は今年、イギリス内でも最大のスノードロップのコレクションを有するガーデンのひとつであるコールズボーン.パークに行ってきた。このプライベートガーデンはガーデンや教会の周りに咲く見事なスノードロップを楽しむ人たちのために、一年のうちこの時期のみ数日一般公開される。それらのスノードロップは微風に翻っている。ここではスノードロップに関する人々の興味が一層深い。 - 教会の祭壇に掛けられる布にさえスノードロップの模様が見られるくらいだ。

There is quite a lot of variety amongst snowdrops. Some are ‘giants’, some have heart shaped marks, some long stems.

ここにはとても多くの種類のスノードロップがある。 巨大なものもあればハート型の印をつけたもの、特に茎の長いものもある。

DSC01684  DSC01681  DSC01688  IMG_3015

Anyway, an afternoon at Colesbourne is a good excuse for a winter walk and, as usual in England, wherever flowers are on display – tea, cake and a plant shop are never far away.

 

コールズボーン.パークでの午後は冬のウォーキングには相応しいものであった。イギリスではいつものように花が咲き乱れているところでは紅茶やケーキ、そして植物を売るお店が必ず近くにあるからだ。

IMG_3018.JPG    IMG_3016.JPG    DSC01714

Brockhampton Village Show ブロックハンプトンのヴィレッジ.ショー

IMG_1859

One thing I would recommend any visitor to the Cotswolds to do is visit a village show. They usually take place on Saturdays in the Summer. They’re open to all.

私がコッツウォルズを訪れるどんな人にも勧めるものと言えばそれはヴィレッジ.ショーだろう。

通常夏のある日曜に開催され、誰でもが参加できるのがヴィレッジ.ショーだ。

Usually arranged around a village hall, you’ll find afternoon tea tents, competitions and games, secondhand book and plant stalls and second hand ‘antiques’ stands. Prices are always low and the cakes are always very good.

普通はヴィレッジ.ホールの周りで行われ、そこにはお茶を提供するテントがあり、コンテストやゲームが行われ、古本屋や植物を販売する露店、そして‘アンティーク’と呼ばれはするが中古品等を売る出店が出る。値段はいつも低め、そしてケーキはいつもおいしい。

Today I went to Brockhampton a tiny village near Cheltenham  – here are some pictures of competitors in the best fruit, vegetable and flower competitions. It’s a very nice way to spend the afternoon.

今日、私はチェルテナムに近い小さな村ブロックハンプトンに行ってきた。下の写真はフルーツ、野菜、花のコンテストの写真だ。こうやって午後のひと時を過ごすのは実に楽しい。

IMG_1865IMG_1845IMG_1843IMG_1842IMG_1841IMG_1848IMG_1847IMG_1849IMG_1854IMG_1853IMG_1852IMG_1856IMG_1860

IMG_1864

Glastonbury Festival グラストンブリー.フェステバル

IMG_0631

Glastonbury (about 90 minutes south of the Cotswolds) is a small town with a reputation for alternative living and spirituality.

グラストンブリーは(コッツウォルズの南90分ほど行ったところ)オルタ―ナティヴな暮らし(天然生活)とスピリチュアリティ(精神性主義)で評判の小さな町だ。

Screen Shot 2015-07-04 at 21.49.38

Every year, nearby, Glastonbury hosts the world’s biggest arts Festival, an astonishing four days of live music, performing arts and debate. Guests this year included the Dalai Lama, The Chemical Brothers and The Who – performances across 50 or so stages.  I went this year (I always do if I can get a ticket) and it was an amazing experience. With 200,000 people there the Festival becomes the largest town in the South West of England – but just for a few days.

毎年グラストンブリーの近くで世界最大の芸術祭りが開催される。それは生の音楽、芝居、討論など4日間連続して行われる祭典だ。今年はダライ.ラマ、ケミカル.ブラザーズ、ザ.フーがゲストに含まれていた – 50くらいのステージで行われる。
私は今年参加したが(チケットを入手できれば毎年行くのであるが)、それは素晴らしい経験だった。20万人の人が集まるので、このフェステバルが行われるところは西南イングランドで最大の町となる - それは数日のみではあるが。

IMG_0672 IMG_0643 IMG_0542 IMG_0632 Screen Shot 2015-07-04 at 21.48.58

A busy Saturday in the Cotswolds コッツウォルズでのある忙しい土曜日

IMG_0280

On Saturday, we went to Stroud Farmer’s Market. It’s a good way to shop on a warm summer’s day, not a supermarket in sight.  Stroud is a slightly down-at-heel Cotswold town brought to life every Saturday by one of the best Farmer’s Markets in the country. Stroud may not be as affluent as some Cotswold villages, but the people are great and there’s more of a community atmosphere here than elsewhere.  Five valleys lead to Stroud, we approached along the ‘Slad’ valley and, on a sunny day, there’s not really a better view to be had in the Cotswolds.

ストラウドで行われるファーマーズ.マーケットに土曜に行ってきた。暑い夏の日に買い物するにはもってこいだ。スーパーは周りには全く見当たらない。ストラウドは以前は少しみすぼらしさのある町であったが今では土曜はイギリスでも最高のファーマーズマーケットのひとつが開かれ活気のある町になっている。ストラウドは他のコッツウォルズの村に比べれば裕福ではないかもしれないが、人々は素敵で、他のどこよりもコミュニティ精神が感じられる。5個の谷がストラウドに続いているが、我々は‘スラッド’の谷沿いから町に入った。晴れの日であれば他のコッツウォルズでは見られない程素晴らしい景色を見ることができる。

IMG_0283

Park the car in this small town on a Saturday and step straight into a busy market. Usually there are few familiar market stallholders and maybe some new ones too. You can buy most of the food you need for the week. Not especially cheap, but the quality can be very high and that’s important too. I think we’re realising that supermarket food can be too cheap. Better to eat less eat, for example, and make it the best quality, I think.

There are stalls selling different flavour of sausages (usually pork)…

土曜にはこの小さな町に車を停めて真っ直ぐ活気あるマーケットに向かおう。いつも出ている露店があるが見かけない店もあるだろう。一週間に必要な食料はほとんどここで手に入る。それは必ずしも安いとは言えないが質がとても良い。大切なことだ。スーパーの食料品の中には値段が安すぎるものがあることに我々は気が付き始めたと思う。良質のものを少しずつ食べたほうがいい。色々な味のソーセージを売っている店もいくつかある(通常はポークのソーセージだ)....

IMG_0286

…stalls selling local cheeses: these are Godsells Cheeses, double Gloucester and single Gloucester types…

....地元産のチーズもある : ゴッドセルズチーズ、ダブルグロスター、そしてシングルグロスターのタイプ...

IMG_0289

… Day’s Cottage apple juice, from unsprayed apple trees.

..デイズ.コテージのアップルジュースは殺虫剤を使用せずに育ったリンゴの木から作られる。

IMG_0287

…flower, vegetable and herb stalls…

....花、野菜、ハーブの店....

IMG_0294 IMG_0300

Windsurf Valley goat’s cheese, mild and yoghurt. You can buy this in London, where is costs a lot more!

ウィンドサーフ.ヴァリーの山羊のチーズやマイルドなヨーグルト。これらはロンドンでも買えるが値段がかなり高い!

IMG_0293 IMG_0298

Eggs that were laid that morning.

卵はその日の朝にとれたものだ。

IMG_0301 IMG_0302

And there are also stalls where you can buy snacks as you look around. This stallholder sells vegan food.

また、露店を覗きながら歩いている時に食べるスナックを売っている店もある。この店ではヴィーガン食(完全野菜食)を売っている。

IMG_0282

A great way to spend a Saturday morning – and you feel closer to Cotswold life.

こうやって素敵な土曜の朝を過ごす - きっとコッツウォルズでの暮らしがより身近に感じられることだろう。

IMG_0285

After the market we went home and did some gardening.

マーケットの後、我々は家に帰り庭仕事をした。

FullSizeRender

To finish a busy day, we went to a beer and cider festival, where we sat outside in a pub garden and then moved inside when it became too cold. We drank a little too much cider and finished with a beer called ‘Headsplitter’.  Hmmm. I feel OK today though.

忙しい日の締めくくりとして我々はビールとサイダー(リンゴ酒)祭りに出かけ、寒くなって中に入るまでの時間をパブのガーデンで過ごした。少しサイダーを飲み過ぎたようだが、最後に‘ヘッドスプリッタ―(頭粉砕)’というビールを飲んだ。  ウーン。しかし今日はもう大丈夫だ。

IMG_0304 IMG_0305 IMG_0306

We walked home through quiet villages under a clear, cold sky.

我々は晴れて冷たそうな空の下、静かな村を歩きながら帰路についた。

IMG_0310

クリスマスの伝統 その 2 : ヤドリギ

IMAG3631

It’s a tradition to bring Mistletoe into the house at Christmas.

イギリスの伝統のひとつはクリスマスにヤドリギを家の中に飾ることだ。

Mistletoe is a common sight in the Cotswolds, high in the trees that line the country lanes. It’s a mysterious, parasitic plant that feeds on trees and looks like a loose ball of leaves suspended from bare winter branches.

ヤドリギはコッツウォルズでは良く見かける。それはカントリーレインに並ぶ木々の上の高い所に宿る。ヤドリギは他の木に寄生し、裸になった冬の木々の枝にぶらさがるボールのようなような不思議な植物だ。

In my case, I took two boughs from my father’s apple tree this afternoon. Cutting your own mistletoe is very satisfying… it’s good for the host tree and the vivid green brightens up the house in December.

今日の午後、私は父のところにあるリンゴの木から2本の枝を持ってきた。自分で切ったヤドリギに満足だ。宿っている木々にも良いことだし、その鮮やかな緑が12月の家々を明るくくしてくれる。

This winter, all the local mistletoe seems to be especially bright and perfect, with plenty of the usual milky white berries. Tradition says that if you stand under the mistletoe you can ask for a kiss. And there is said to be a kiss for every berry…

今年の冬は、地元の全てのヤドリギはミルクのような白いベリーを多くつけて特別に鮮やかで、完璧に見える。伝統ではヤドリギの下立つとキスをしてもいいということになっている。そしてそれは一個一個のベリーの数と同じ数のキスだそうな....

IMAG3629