Tag Archives: Britain

Nodding Heads 首を振りながら

The end of January and early February see the arrival of snowdrops in the Cotswolds. These delicate, pure white flowers have their own enthusiasts, not least because they mark the passing of winter and the coming of Spring.

1月末から2月初めにかけてコッツウォルズではスノードロップが咲き始める。その繊細で真っ白い花は特に冬の終わりと春の到来を告げるので、熱心なファンもいる。

Snowdrops are mysterious little plants – the botanical name is Galanthus (Greek gala “milk”/ anthos “flower”) and they come with various rural suspicions, for example it’s said to be unlucky to bring them into the house.

スノードロップは神秘的な小さな植物だ - その学名は‘ガランサス’で(ギリシャ語でガラとはミルク、アンソスとは花の意)、田舎には花に関してのさまざまな迷信がいまだに残る。例えばスノードロップを家の中に持ち込むことは縁起が悪いと言われている。DSC01680This year we went to Colesbourne Park to see one of the largest collections in Britain. The private garden opens for a just few days a year, at this time, to allow people to walk around the gardens and church to see spectacular banks of snowdrops, their heads nodding in the breeze. Enthusiasm for snowdrops is high here – they’re even on the alter cloth in the church.

我々は今年、イギリス内でも最大のスノードロップのコレクションを有するガーデンのひとつであるコールズボーン.パークに行ってきた。このプライベートガーデンはガーデンや教会の周りに咲く見事なスノードロップを楽しむ人たちのために、一年のうちこの時期のみ数日一般公開される。それらのスノードロップは微風に翻っている。ここではスノードロップに関する人々の興味が一層深い。 - 教会の祭壇に掛けられる布にさえスノードロップの模様が見られるくらいだ。

There is quite a lot of variety amongst snowdrops. Some are ‘giants’, some have heart shaped marks, some long stems.

ここにはとても多くの種類のスノードロップがある。 巨大なものもあればハート型の印をつけたもの、特に茎の長いものもある。

DSC01684  DSC01681  DSC01688  IMG_3015

Anyway, an afternoon at Colesbourne is a good excuse for a winter walk and, as usual in England, wherever flowers are on display – tea, cake and a plant shop are never far away.

 

コールズボーン.パークでの午後は冬のウォーキングには相応しいものであった。イギリスではいつものように花が咲き乱れているところでは紅茶やケーキ、そして植物を売るお店が必ず近くにあるからだ。

IMG_3018.JPG    IMG_3016.JPG    DSC01714

New Cats

IMG_2348

A few weeks ago, it seemed the right time to get some new cats, as sadly we lost our aged cat a few months ago.

悲しいことに私たちの高齢の猫が数か月前に死んでしまったので、数週間前からそろそろ新しい猫を飼う時期かと考えていた。

Pets are very popular in Britain – it’s estimated that 46% of households in Britain have a pet.  Dog owners (24%) slightly outnumber cat owners  (18%).

イギリスでは多くのひとがペットを飼っている。- 推定では46%の家庭でペットが飼われていて、そのうち犬を飼っているのは24%と、猫の18%を少し上回っている。

It seems wrong to buy pets when so many cats are abandoned, so we went to a local charity where there are always rescued cats in need of a good home. We made a contribution of £120 to the charity and got two kittens – microchipped and checked over by a vet.  We named them Belle and Sebastian. Belle is a British medium haired female and Seb is a short hair.

They’ve settled in well and are very affectionate towards each other. Seb is obsessed by running water and enjoys sitting in the sink.

捨てられた猫がこんなにも沢山いる中で買ってペットをもつことは間違っているように思うので、私たちは地元のチャリティに足を運んだ。そこには常にレスキューされ、新しいオーナーを待つ猫がいる。私たちはそのチャリティに120ポンド支払い、2匹の猫を引き取ってベルとセバスチャンと名づけた。ベルはイギリス産の中くらいの長さの毛の猫で、セバスチャンは短い毛の猫だ。

2 匹とも新しい環境に良く慣れてとても仲がいい。セブ(セバスチャン)は流れている水に夢中で、流しに座るのが大好きだ。

IMG_2377

Belle walks around looking cute.

ベルは歩き回るのがとてもかわいらしい。

IMG_2099

They’ve just started to go outside – the back garden here is enclosed and pretty good for cats, although we did see a large fox last night, so they won’t be going out for a while.

Recently a photographer friend from Japan stayed with and took the pictures below (you’ll notice the dramatic increase in picture quality). It looks like the cats enjoyed posing for him… so, with thanks to Kiyoshi Sakasai, here are their portraits:

2匹はやっと外に出始めた。我が家の裏の庭は周囲を囲まれていて猫には安全だ。
ところが昨夜キツネを見かけたので、しばらくは外に出さないことにしよう。

最近、日本から写真家の友人が我が家に泊まって下の写真を写してくれた。(写真の質が急激に良くなったことに気がつかれるだろう)まるで猫たちは写真のためにポーズをとっているようだ。坂斎清氏に感謝する。それでは猫たちの肖像画をご披露しよう。

_3A_0254 _3A_0255 _3A_0260 _3A_0275

Brockhampton Village Show ブロックハンプトンのヴィレッジ.ショー

IMG_1859

One thing I would recommend any visitor to the Cotswolds to do is visit a village show. They usually take place on Saturdays in the Summer. They’re open to all.

私がコッツウォルズを訪れるどんな人にも勧めるものと言えばそれはヴィレッジ.ショーだろう。

通常夏のある日曜に開催され、誰でもが参加できるのがヴィレッジ.ショーだ。

Usually arranged around a village hall, you’ll find afternoon tea tents, competitions and games, secondhand book and plant stalls and second hand ‘antiques’ stands. Prices are always low and the cakes are always very good.

普通はヴィレッジ.ホールの周りで行われ、そこにはお茶を提供するテントがあり、コンテストやゲームが行われ、古本屋や植物を販売する露店、そして‘アンティーク’と呼ばれはするが中古品等を売る出店が出る。値段はいつも低め、そしてケーキはいつもおいしい。

Today I went to Brockhampton a tiny village near Cheltenham  – here are some pictures of competitors in the best fruit, vegetable and flower competitions. It’s a very nice way to spend the afternoon.

今日、私はチェルテナムに近い小さな村ブロックハンプトンに行ってきた。下の写真はフルーツ、野菜、花のコンテストの写真だ。こうやって午後のひと時を過ごすのは実に楽しい。

IMG_1865IMG_1845IMG_1843IMG_1842IMG_1841IMG_1848IMG_1847IMG_1849IMG_1854IMG_1853IMG_1852IMG_1856IMG_1860

IMG_1864

Glastonbury Festival グラストンブリー.フェステバル

IMG_0631

Glastonbury (about 90 minutes south of the Cotswolds) is a small town with a reputation for alternative living and spirituality.

グラストンブリーは(コッツウォルズの南90分ほど行ったところ)オルタ―ナティヴな暮らし(天然生活)とスピリチュアリティ(精神性主義)で評判の小さな町だ。

Screen Shot 2015-07-04 at 21.49.38

Every year, nearby, Glastonbury hosts the world’s biggest arts Festival, an astonishing four days of live music, performing arts and debate. Guests this year included the Dalai Lama, The Chemical Brothers and The Who – performances across 50 or so stages.  I went this year (I always do if I can get a ticket) and it was an amazing experience. With 200,000 people there the Festival becomes the largest town in the South West of England – but just for a few days.

毎年グラストンブリーの近くで世界最大の芸術祭りが開催される。それは生の音楽、芝居、討論など4日間連続して行われる祭典だ。今年はダライ.ラマ、ケミカル.ブラザーズ、ザ.フーがゲストに含まれていた – 50くらいのステージで行われる。
私は今年参加したが(チケットを入手できれば毎年行くのであるが)、それは素晴らしい経験だった。20万人の人が集まるので、このフェステバルが行われるところは西南イングランドで最大の町となる - それは数日のみではあるが。

IMG_0672 IMG_0643 IMG_0542 IMG_0632 Screen Shot 2015-07-04 at 21.48.58

A busy Saturday in the Cotswolds コッツウォルズでのある忙しい土曜日

IMG_0280

On Saturday, we went to Stroud Farmer’s Market. It’s a good way to shop on a warm summer’s day, not a supermarket in sight.  Stroud is a slightly down-at-heel Cotswold town brought to life every Saturday by one of the best Farmer’s Markets in the country. Stroud may not be as affluent as some Cotswold villages, but the people are great and there’s more of a community atmosphere here than elsewhere.  Five valleys lead to Stroud, we approached along the ‘Slad’ valley and, on a sunny day, there’s not really a better view to be had in the Cotswolds.

ストラウドで行われるファーマーズ.マーケットに土曜に行ってきた。暑い夏の日に買い物するにはもってこいだ。スーパーは周りには全く見当たらない。ストラウドは以前は少しみすぼらしさのある町であったが今では土曜はイギリスでも最高のファーマーズマーケットのひとつが開かれ活気のある町になっている。ストラウドは他のコッツウォルズの村に比べれば裕福ではないかもしれないが、人々は素敵で、他のどこよりもコミュニティ精神が感じられる。5個の谷がストラウドに続いているが、我々は‘スラッド’の谷沿いから町に入った。晴れの日であれば他のコッツウォルズでは見られない程素晴らしい景色を見ることができる。

IMG_0283

Park the car in this small town on a Saturday and step straight into a busy market. Usually there are few familiar market stallholders and maybe some new ones too. You can buy most of the food you need for the week. Not especially cheap, but the quality can be very high and that’s important too. I think we’re realising that supermarket food can be too cheap. Better to eat less eat, for example, and make it the best quality, I think.

There are stalls selling different flavour of sausages (usually pork)…

土曜にはこの小さな町に車を停めて真っ直ぐ活気あるマーケットに向かおう。いつも出ている露店があるが見かけない店もあるだろう。一週間に必要な食料はほとんどここで手に入る。それは必ずしも安いとは言えないが質がとても良い。大切なことだ。スーパーの食料品の中には値段が安すぎるものがあることに我々は気が付き始めたと思う。良質のものを少しずつ食べたほうがいい。色々な味のソーセージを売っている店もいくつかある(通常はポークのソーセージだ)....

IMG_0286

…stalls selling local cheeses: these are Godsells Cheeses, double Gloucester and single Gloucester types…

....地元産のチーズもある : ゴッドセルズチーズ、ダブルグロスター、そしてシングルグロスターのタイプ...

IMG_0289

… Day’s Cottage apple juice, from unsprayed apple trees.

..デイズ.コテージのアップルジュースは殺虫剤を使用せずに育ったリンゴの木から作られる。

IMG_0287

…flower, vegetable and herb stalls…

....花、野菜、ハーブの店....

IMG_0294 IMG_0300

Windsurf Valley goat’s cheese, mild and yoghurt. You can buy this in London, where is costs a lot more!

ウィンドサーフ.ヴァリーの山羊のチーズやマイルドなヨーグルト。これらはロンドンでも買えるが値段がかなり高い!

IMG_0293 IMG_0298

Eggs that were laid that morning.

卵はその日の朝にとれたものだ。

IMG_0301 IMG_0302

And there are also stalls where you can buy snacks as you look around. This stallholder sells vegan food.

また、露店を覗きながら歩いている時に食べるスナックを売っている店もある。この店ではヴィーガン食(完全野菜食)を売っている。

IMG_0282

A great way to spend a Saturday morning – and you feel closer to Cotswold life.

こうやって素敵な土曜の朝を過ごす - きっとコッツウォルズでの暮らしがより身近に感じられることだろう。

IMG_0285

After the market we went home and did some gardening.

マーケットの後、我々は家に帰り庭仕事をした。

FullSizeRender

To finish a busy day, we went to a beer and cider festival, where we sat outside in a pub garden and then moved inside when it became too cold. We drank a little too much cider and finished with a beer called ‘Headsplitter’.  Hmmm. I feel OK today though.

忙しい日の締めくくりとして我々はビールとサイダー(リンゴ酒)祭りに出かけ、寒くなって中に入るまでの時間をパブのガーデンで過ごした。少しサイダーを飲み過ぎたようだが、最後に‘ヘッドスプリッタ―(頭粉砕)’というビールを飲んだ。  ウーン。しかし今日はもう大丈夫だ。

IMG_0304 IMG_0305 IMG_0306

We walked home through quiet villages under a clear, cold sky.

我々は晴れて冷たそうな空の下、静かな村を歩きながら帰路についた。

IMG_0310

Valentine’s Day in Japan and Britain 日本とイギリスのバレンタイン.デー

IMAG3791

I was reading about Valentine’s Day in Japan and it seems that it’s a little different to ours.

日本のバレンタイン.デイのことを読んでいたところだが、イギリスのものとは少し違うようだ。

To begin with, it’s properly called St Valentine’s Day, named after an one or more Roman saints. The stories of the Roman ‘Valentinus’ are probably more myth than legend, but one version says that a priest of that name defied the Emperor Claudius and married couples in secret so that the husbands wouldn’t have to go to war.

まず、正確な呼び名はセント.バレンタインズ.デイ。ローマ時代の何人かの聖者に由来する。ローマ人‘ヴェレンティナス’の話は、多分伝説というよりは神話に近いと言っていいだろう。しかし一説によれば皇帝クローディアスの命に反抗し、夫が戦争に行かなくてもいいようにと極秘のうちに若いカップルたちを結婚させていた同名の牧師に由来するとも言われている。

In Britain, we’ve gone pretty commercial about Valentine’s Day and everything from restaurants to the Fifty Shades of Grey movie is promoted in February.  It’s good to remember though that February 14th is based on a simple idea; lovers exchange cards and maybe a small gifts.  I always think a bit of thought is usually more romantic than an expensive present.  Unlike Japan, the exchange is two-way, girlfriend and boyfriend, husband and wife but, if you’re single (or being a bit naughty) it’s also it’s an opportunity to send a secret card to someone that you fancy. In fact, secrecy is part of it and even husband and wives usually don’t write their names in cards – just the words ‘be my Valentine.’   So if you are single and you get a card (or maybe more than one) you may have to guess who send it, which is kind of fun – but best not to guess wrong…

この国でもバレンタイン.デイはアメリカのように商業中心になっている傾向にある。2月に入るとレストランから、映画 ‘Fifty Shades of Grey ’まで全てのプロモーションが始まる。しかし、2月14日の日はごく単純なアイデイアに基づいていることを覚えておこう。それは恋人同士がカードやちょっとした贈り物を交換することだ。日本と違い、この国では恋人同士が両方で交換しあう。ガールフレンドとボーイフレンド、夫と妻など。しかし、もしあなたがシングルであったら(またはちょっと積極的な気分であれば)、気になる人に匿名でカードを出す機会でもあるのだ。もっとも秘密ということは大切なことであり、通常夫婦の間でさえカードに名前を書かない ー ‘私の恋人になってください。’という文章だけである。 ということで、もしあなたがシングルでカードをもらったら(一枚以上かもしれないが)、誰が送ったかを想像する必要がある。楽しいことではあるが、想像が間違っていないよう気をつけなければならない。

As in Japan, flowers and chocolate seems to be the main Valentine gifts, but remember that boys and girls exchange cards and gifts on this day, not just girls and… there’s no ‘tomo choco’, no ‘famili choco’, no ‘giri choco’ – just ‘honmei choco’ for the special one. And there’s no White Day to follow.

日本と同じように花束やチョコレートが贈られる。しかし、忘れてはいけないことはこの日、男女両方がカードやギフトを贈ることだ。女性だけではない。また‘友チョコ’もなければ‘ファミチョコ’もないし‘義理チョコ’もない。 - 特別な人の‘本命チョコ’のみである。そしてこれに続くホワイトデーなるものもない。

So how about me? It so happens that my Birthday is on the day after Valentine’s Day, 15th February, so often the postman delivers lots of cards on the 14th. I never tell him why. This year I designed and made a Valentine’s card for a change (see picture of our bookshelf).

私はどうだろう? 実は誕生日が翌日の15日であることから、郵便配達人は14日に沢山のカードを届けることになる。その理由は彼には話したことがない。今年は私はバレンタインのカードを自分で作ることにした。(上にある本棚の写真を見てほしい)

Card-sending really took off in 19th century Victorian times – this is how our where our images of flowers, doves and hearts started to become traditional.

カードを送ることは19世紀のヴィクトリア時代に一般に浸透した - それ以後、花や鳩、ハートのイメージが伝統になったのだ。.

Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.18 Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.31

Anyway, I wish you a Happy Valentine’s Day from the Cotswolds and I hope that you all received some Honmei Choco from someone special.

何はともあれ、コッツウォルズより ハッピー.バレンタインズ.デイ  皆さんが、特別な人から本命チョコをが届いたことを期待する。