Tag Archives: Afternoon Tea

Nodding Heads 首を振りながら

The end of January and early February see the arrival of snowdrops in the Cotswolds. These delicate, pure white flowers have their own enthusiasts, not least because they mark the passing of winter and the coming of Spring.

1月末から2月初めにかけてコッツウォルズではスノードロップが咲き始める。その繊細で真っ白い花は特に冬の終わりと春の到来を告げるので、熱心なファンもいる。

Snowdrops are mysterious little plants – the botanical name is Galanthus (Greek gala “milk”/ anthos “flower”) and they come with various rural suspicions, for example it’s said to be unlucky to bring them into the house.

スノードロップは神秘的な小さな植物だ - その学名は‘ガランサス’で(ギリシャ語でガラとはミルク、アンソスとは花の意)、田舎には花に関してのさまざまな迷信がいまだに残る。例えばスノードロップを家の中に持ち込むことは縁起が悪いと言われている。DSC01680This year we went to Colesbourne Park to see one of the largest collections in Britain. The private garden opens for a just few days a year, at this time, to allow people to walk around the gardens and church to see spectacular banks of snowdrops, their heads nodding in the breeze. Enthusiasm for snowdrops is high here – they’re even on the alter cloth in the church.

我々は今年、イギリス内でも最大のスノードロップのコレクションを有するガーデンのひとつであるコールズボーン.パークに行ってきた。このプライベートガーデンはガーデンや教会の周りに咲く見事なスノードロップを楽しむ人たちのために、一年のうちこの時期のみ数日一般公開される。それらのスノードロップは微風に翻っている。ここではスノードロップに関する人々の興味が一層深い。 - 教会の祭壇に掛けられる布にさえスノードロップの模様が見られるくらいだ。

There is quite a lot of variety amongst snowdrops. Some are ‘giants’, some have heart shaped marks, some long stems.

ここにはとても多くの種類のスノードロップがある。 巨大なものもあればハート型の印をつけたもの、特に茎の長いものもある。

DSC01684  DSC01681  DSC01688  IMG_3015

Anyway, an afternoon at Colesbourne is a good excuse for a winter walk and, as usual in England, wherever flowers are on display – tea, cake and a plant shop are never far away.

 

コールズボーン.パークでの午後は冬のウォーキングには相応しいものであった。イギリスではいつものように花が咲き乱れているところでは紅茶やケーキ、そして植物を売るお店が必ず近くにあるからだ。

IMG_3018.JPG    IMG_3016.JPG    DSC01714

Brockhampton Village Show ブロックハンプトンのヴィレッジ.ショー

IMG_1859

One thing I would recommend any visitor to the Cotswolds to do is visit a village show. They usually take place on Saturdays in the Summer. They’re open to all.

私がコッツウォルズを訪れるどんな人にも勧めるものと言えばそれはヴィレッジ.ショーだろう。

通常夏のある日曜に開催され、誰でもが参加できるのがヴィレッジ.ショーだ。

Usually arranged around a village hall, you’ll find afternoon tea tents, competitions and games, secondhand book and plant stalls and second hand ‘antiques’ stands. Prices are always low and the cakes are always very good.

普通はヴィレッジ.ホールの周りで行われ、そこにはお茶を提供するテントがあり、コンテストやゲームが行われ、古本屋や植物を販売する露店、そして‘アンティーク’と呼ばれはするが中古品等を売る出店が出る。値段はいつも低め、そしてケーキはいつもおいしい。

Today I went to Brockhampton a tiny village near Cheltenham  – here are some pictures of competitors in the best fruit, vegetable and flower competitions. It’s a very nice way to spend the afternoon.

今日、私はチェルテナムに近い小さな村ブロックハンプトンに行ってきた。下の写真はフルーツ、野菜、花のコンテストの写真だ。こうやって午後のひと時を過ごすのは実に楽しい。

IMG_1865IMG_1845IMG_1843IMG_1842IMG_1841IMG_1848IMG_1847IMG_1849IMG_1854IMG_1853IMG_1852IMG_1856IMG_1860

IMG_1864

Visit by Sekai Fushigi Hakken 世界不思議発見からの訪問客。

Screen Shot 2014-10-15 at 16.31.25

It was a pleasure to welcome a film crew from Sekai Fushigi Hakken (Discovery of the World’s Mysteries) yesterday.  They visited Bibury in the Cotswolds and stayed at Bibury Court, which is a popular and beautiful hotel just on the edge of this famous village. It’s best not to spoil the programme by saying too much before it goes out, but I’m probably allowed to reveal that the subject was afternoon tea, and the setting was in the past.  The crew worked hard to create scenes in the hotels wood panelled drawing room and the results should look really good on screen, with various English gentlemen and a rather glamorous maid involved.

昨日、テレビ番組「世界不思議発見」の撮影取材班をお迎えした。一行はコッツウォルズの村バイブリーを訪れ、村の外れにある美しく人気の高いホテルであるバイブリーコートコート.ホテルに宿泊した。放映前にあまり詳しいことを言うと問題になるが、少しだけヒントを言ったとしてもさほど支障はないだろう。今回のテーマはアフタヌーンティで、過去の時代に合わせたものだ。取材班は木のパネルに囲まれたホテルのドローウィングルームで撮影のセッティングを造リ出すのに一生懸命だった。その結果は番組の中でよく見ていただけると思う。またさまざまなイングリッシュジェントルマンと、素敵なメイドも出てくる。

Look out for the show when it goes out on TBS!

TBSの番組に乞うご期待!

IMAG3224 IMAG3233

Could this be the Ultimate Afternoon Tea Blog? 究極のアフタヌーンティ.ブログ?

TEABETTYSWINDOW

It seems that any English blogger sooner or later has to tackle the subject of tea and, in particular, afternoon tea. It is a subject that has been covered many times and so here is my attempt to write down everything that I know, or like about afternoon tea. Afternoon tea is a subject that I am very enthusiastic about.

イギリスに関するブロガーは遅かれ早かれいつかは紅茶、特にアフタヌーンティに関する内容を取り上げなければならないだろう。今までに何度も扱われてきたテーマではあるが、今日は私の知っている限りのこと、何故私がアフタヌーンティに魅力を感じているかを書こうと思う。アフタヌーンティは私が特に情熱をもっているものなのだ。

The first thing to say is that tea remains very popular in Britain. We drink about 165,000,000 cups a day, over twice the amount of coffee that is consumed. “Let’s have a cup of tea” is a way of inviting someone to have a conversation – an opportunity to share news and gossip, whether at home or in a tea room, a hotel or cafe. Tea is served at any time of day, from breakfast onwards, but ‘afternoon tea’ implies tea with cake and/or sandwiches, served between lunch and dinner.

まず、英国においてはお茶の人気は今でも根強く残っていると言えよう。この国では毎日1億6500万杯のお茶が飲まれ、それはコーヒーの消費量の2倍に相当する。「一緒にお茶を飲もう!」と誘われたら、それは自宅であってもティールームであっても、またはホテルやカフェであっても、新しい話題やゴシップを交換するために「一緒におしゃべりしよう」いう意味だ。お茶は朝食から一日中いつでも飲む。しかし、‘アフタヌーンティ’はケーキやサンドウィッチと共にランチと夕食の合間とるのが普通だ。

In my view, the only respectable time for tea is 4 in the afternoon, although in some establishments such as the Ritz Hotel in London, you can book at any time between 11.30am and 7.30pm. In such places it has all become something of a tourist attraction. At the Ritz, afternoon tea costs £45.  Also in my view, the  best place for afternoon tea is not a hotel (although many do serve good tea) but a traditional tea room.  If you don’t have a recommendation of a good tea room, ask around or simply look through the window – if it looks busy and well run, give it a try.

ロンドンのリッツ.ホテルなどアフタヌーンティが確立された有名ホテルでは午前11時半から午後の7時半まで予約ができるが、私が思うには正式なアフタヌーンティの時間は午後の4時と決まっている。またそのようなホテルは観光アトラクションにもなっているようで、リッツのアフタヌーンティは45ポンドもする。私の考えではアフタヌーンティはホテルではなく(おいしいお茶を提供するホテルは沢山あるが)、伝統的なティールームでとるのが最高と思っている。特に勧められたティールームがない限り、周りのに聞いてみるか、または単にウィンドウを覗いてみるといい。もし中にお客が沢山いて、ちゃんと営業されているようだったらトライしてみるべきだ。

By the way, the excellent British Tea Council website offers the best history of tea taking and advice on how to make the best tea at home (http://www.tea.co.uk). My plan here is to talk about tea taking today and how to experience it.

ところで素晴らしい英国紅茶協会(The British Tea Council)のウェブサイトにはお茶の歴史やおいしい紅茶の淹れ方のアドバイスが出ている(http://www.tea.co.uk)。そこで今日は私自身の経験を書いてみようと思う。

I’ve been lucky to have friends from Japan explain something of ‘chado’ or ‘tea way’ (which westerners tend to call the ‘tea ceremony’.  Based on my limited understanding, a key difference is that, unlike in Japan (with the influences of, especially, Murato Shuko and Sen no Rikyu) in Britain, there is less procedural etiquette and no religious association with English Afternoon Tea taking. Afternoon tea is essentially a social occasion, albeit with some points of etiquette to be noted.

私は幸運にも日本の友人から‘茶道’または‘茶の道’(西洋では‘ティー.セレモニー’と呼ばれる)について説明をしてもらったことがある。私には限られた知識しかないが、(特に村田珠光や千利休の影響による)日本の茶道と英国のアフタヌーンティの一番の違いは英国ではアフタヌーンティに関しての特別な決まり、エチケットが日本の茶道よりも少ないということではないだろうか。アフタヌーンティは社交を目的としたもので宗教的な意味はない。とは言ってもいくつかの守られるべきエチケットは気に掛ける必要があると思う。

Two days ago I had afternoon tea at Betty’s Tea Rooms in York, so I took the opportunity to take some pictures to show what you might expect at a good tea room.  We had tea, naturally, at 4pm and the first thing to say is that, although we had a ‘full’ afternoon tea, I could equally just have had tea (ie the drink) or perhaps just tea and a cake.  There is no expectation that you are expected to eat a ‘full’ tea, or indeed eat everything that you order.

2日前、私はヨークにある‘ベティズ.ティールーム’でアフタヌーンティをとった。その時の写真を見ながら‘良いティルーム’とはどういうものかを皆さんに披露したい。当然のことであるが(!)私たちのティータイムは4時に始まった。私たちはフルのアフタヌーンティを注文したのであるが、飲み物としてお茶だけ、またはお茶とケーキだけでも十分楽しめるということを最初に断っておこう。お店側はお客全員がフルのアフタヌーンティを注文すること、または注文したものを全て食べ切ることなど望んではいないのだから。

Let me talk you through what to expect:

ではアフタヌーンティとはどういうものであるかをまず話すことにする。

1. Place setting. プレイス.セッティング

TEA1

A small plate, a napkin, a small knife and fork (plus a teaspoon) are all that are needed.  By the way it’s a good idea to turn your mobile phone off, as the social nature of afternoon tea implies that you give full attention to whoever you are having tea with.  Note how the special fork has a slightly sharp edge, useful for cutting cake.

This time I ordered a full tea, which cost £18.50. From the menu I knew that this included sandwiches, scone, cakes and tea. Good value, I think. I could have added champagne for a total of £25.95.

必要とされるものは小さな皿、ナプキン、小さなナイフとフォーク(ティースプーンも)だけだ。まず、携帯電話の電源は切っておこう。何故ならアフタヌーンティとは一緒にいる相手との時間を水入らずで最大限に楽しむことが目的なのだから。特別なフォークはケーキを切るのに便利なように普通のものよりへりが少し鋭くなっている。

今回は18ポンド50ペンスのフルのアフタヌーンティを注文したがメニューを見るとそれにはサンドウィッチ、スコーン、ケーキとお茶が含まれてた。価値は十分にあると思う。シャンペーンを追加して25ポンド95ペンスのアフタヌーンティをとることもできたのだが。

2.   Tea Cups  ティーカップ

TEA4

I prefer white cups, which makes it easy to see the colour of the tea. Tea is poured through the strainer, placed over the cup. Virtually all British people add milk to tea (although you are not expected to if your tea is especially light, such as Darjeeling). Green, white or yellow teas should not have milk added.

After pouring tea, I refill the teapot with hot water to avoid the unpleasant ‘stewed’ taste which can otherwise happen.

Hold the cup handle between thumb and forefinger, rather than through the hole in the handle. One bit of folklore is that it is ‘posh’ to raise the little finger when drinking tea. I think that people today would find it amusing if the little finger is raised… but yes… I sometimes find that my little finger has somehow lifted slightly!

私はお茶の色が良く見えるように白のカップを好む。お茶はカップの上に置かれた茶こしを使って注がれる。ほとんど全てのイギリス人は牛乳を入れて飲む。(紅茶がダージリンのように特にライトである場合は別。)グリーン、ホワイト、イエローのお茶の場合はミルクを入れない。

ポットの中のお茶が蒸らし過ぎていやな味になるのを避けるためにカップにお茶を注ぎ終わったら、すぐにポットにお湯を足す。

カップの持ち方は取っ手の輪の中に一指し指の先を入れるのではなく、取っ手を親指と人差し指で挟むように持つ。昔は小指をあげて持つのがポッシュな飲み方と言われたが今では滑稽に見えるかもしれない。そういう私の小指も知らないうちに少し上がっているのに気づくこともあるが。

3. The Tea Arrives  紅茶が運ばれてくる。

TEA2

I always drink ‘Breakfast Tea’ which in the case of Bettys is a strong blend of Indian Teas. It is possible to order other teas, Earl Grey or even peppermint tea.  Tea arrives in a heavy stainless steel teapot, which adds a little shiny glamour to the tea room, although more often in tea rooms, tea is served in porcelain or pottery teapots.  Alongside the teapot is another pot with extra hot water, a tea strainer, sugar and milk. It’s polite to pour for your friends, although sometimes, to get things going, someone (even a man!) might jokingly say ‘shall I be Mother?’ – meaning that they will take charge and make things easier by pouring for both people.  Good tea room tea should be ‘loose-leaf’, rather than tea bags.

私はいつもイングリッシュ.ブレックファーストを飲む。ベティズの場合はイングリッシュ.ブレックファーストは色々なインド茶のブレンドだ。またアール.グレイや時にはペパーミントティーさえ飲むこともある。ステンレススチールのティーポットは部屋にちょっとした輝きを添えるが、特にティールームでは陶磁器や陶器で出来たティーポットが使われることが多い。ティーポットの傍らにはお湯の入ったポット、茶こし、シュガーとミルクが置かれている。相手のお茶をそれぞれが注ぐことが礼儀正しいとはいえ、誰か一人が(時には男性が)「私がお母さん役をしましょう」という言いながら、全員にお茶を注ぐこともある。この言い回しはゲスト、ホストに関係なくその人が全員のお茶を注ぐという意味だ。良いティールームではティーバッグではなく茶葉のお茶が出されるべきである。

4. Milk in first or last?  ミルクは先?それとも後?

TEA5

This is a subject that is keenly argued. Some say that adding the milk first makes it emulsify in a different way when the tea is poured in, producing a creamier flavour. I happen to disagree strongly and favour the view of the writer George Orwell, that adding the milk afterwards allows you to better judge the amount of milk needed to produce the right colour and strength.  Milk in afterwards then.

Incidentally, should you be called to have tea with the Queen, please relax since she puts the milk in afterwards, too.  You might like to remember to stir the tea with a gentle side-to-side motion, not a vigorous circular movement, which might damage the cup or spill the tea.

この課題については今まで色々討論されてきた。ミルクを先に入れることはお茶を注いだ時にミルクの乳化に変化が起こり、注がれたお茶がクリーミーな味になると言う人もいるが私はこれには全く反対だ。作家ジョージ.オーウェルが言うようにミルクを後に入れることによってお茶の正しい色と濃さを出すためにミルクの量を加減できるからだ。ミルクは後ということになる。

因みに女王からお茶への招待を受けても心配する必要はない。彼女もまたミルクを後に入れるようだから。そして紅茶をかき交ぜる時には横から横へとゆっくりした動作で行なうことを覚えておこう。勢いよくグルグル回すと、カップを傷つけるかもしれないしお茶がこぼれる危険もあるから。

5.  A small crisis  小さな危機

TEA6

At this point at Bettys we were advised that unfortunately the tea room had run out of the two or three small cakes that usually appear magically as part of an afternoon tea. Instead we were invited to pick a single, larger cake from the trolley. Here (picture)  the waitress is describing what was available. I picked an orange cheesecake. Crisis over.  The other choices included a cherry torte, raspberry macaroon, fruit tart, vanilla slice or chocolate eclair.

こうしてべティズでのアフタヌーンティを楽しんでいた時、通常は魔法のように現れる2,3種の小さなケーキが残念なことに品切れになったことを知らされた!そして代わりに一個の大きなケーキをトロリーから選ぶように言われたのだ。この写真はウェイトレスがそれらのケーキの説明をしているところ。私はオレンジのチーズケーキを選び、一件落着。他にもチェリータルト、ラズベリーマカルーン、フルーツタルト、バニラスライス、そしてチョコレートエクレアなどがあった。

6. Three tier tea-stand.  3段重ねのスタンド

TEA(7)

Shortly afterwards, the waitress delivered these stands to the table.  Three-tier stands are usually a good indication that the establishment takes tea seriously – but they are more common in hotels than in tea rooms.

Note the cheesecake on the top – usually there would be 2-3 smaller cakes here.  Remember to start at the bottom (sandwiches), move up (scones) finishing with cake (top).

そのすぐ後にウェイトレスがこの3段重ねのスタンドを持って現れた。3段重ねのスタンドは通常そこの場所がアフタヌーンティを真剣に考えている証拠でもある。― ティールームよりはホテルで使われることが多い。

チーズケーキが載っている最上段には本来なら2,3種類の小さなケーキが載っている。最初に下にあるサンドウィッチから、そして徐々に上に上がっていき、最後にケーキで終了ということを覚えておこう。

7. Bottom layer – sandwiches  最下段のサンドウィッチ

teasand

It’s usual to be served a mixture of small sandwiches, often on a mixture of white and brown bread. Traditionally it’s thought rather smart to cut off the bread crusts. At Betty’s, I was served the following (I’ve given marks out of 5!); Egg and cress (4/5), Ham (3/5), Chicken (4/5), Cucumber (5/5)

通常白と茶色の両方のパンで作られた小さないろいろな種類のサンドウィッチが出される。伝統としてはパンのみみを切り落とすことがスマートと見做された。ベティズでは以下のサンドウィッチが出たが、5点満点として私の評価は卵とカイワレが4点、ハムが3点、チキンが4点、胡瓜が5点としておこう。

8. Middle layer – Scone  中段 - スコーン

TEA SCONE

Strictly speaking, according to etiquette, scones should be broken into pieces and each piece embellished with cream and jam. In fact, very few people do this, most cut the scone in half horizontally.  For some reason that I don’t  understand, some people add jam first, which is entirely wrong of course. So!   Add some cream first (I think that it is always important to add what looks like far too much cream) and then just a little jam. Jam should be strawberry, or possibly raspberry, but no other sort.  Betty’s scones were fine, although I thought that they were a little bit too flat.

The cream, by the way is ‘clotted’, which involves indirect heating and cooling to produce a thicker cream.

The scone experience is hard to describe exactly, but there is sharp, sweet taste from the jam; the coldness and luxurious sensation of cream; the weight and texture of the bread-like scone itself, with often a crusty top to bite through. Delicious, especially as they should be made that day and served warm.

厳密に、そしてエチケットを重視して言えばスコーンは小さくちぎって、それぞれにクリームとジャムをのせて食べるのが正式の食べ方である。しかし現在はそうやって食べる人は本当に少数でほとんどの人はスコーンを水平に半分に切って食べる。どういう理由か私にはさっぱりわからないのであるが、ジャムを先にのせるひとがいる。もちろんこれは完全に間違っている!先にクリームをのせ(それも多すぎると思うくらいたっぷりと!)、次に少量のジャムをのせる。ジャムはストロベリージャムか、さもなければラズベリージャムのみ。他のジャムは使わない。ベティズのスコーンは美味しかったがちょっとだけふくらみが足りなかったように思う。

ところでクリームは‘クロテッドクリーム’に限る。これは間接的に熱を加えてから冷やしてできた濃厚なクリームだ。

スコーンを食べた経験を言葉に表すことはとても難しい。ジャムが醸し出す甘くシャープな味、クリームの冷たさと贅沢感、パンのように時にはパリッと焼きあがった上の皮を噛みながら感じるスコーンの重みと感触。その日に焼かれ、暖かいうちに出されるスコーンは格別だ。

9.Top Layer – Cake  上段 ― ケーキ

TEABETTYSCAKE

Finish your afternoon tea with the top layer. As mentioned this should properly be a variety of rather delicate small cakes. But, as noted, I suffered in silence and made do with this delicious, very orangy, cheesecake. Note how the same plate and cutlery is used throughout.

アフタヌーンティのしめくくりは上段に置かれたお皿だ。先に述べたように、ここには本来は色々な種類のデリケートで小さなケーキが載るものなのだ。しかしさっきも言ったように私は代わりに、とてもオレンジのパンチの効いたチーズケーキをしぶしぶと沈黙のうちに食べることになったわけだ。常時同じ皿とカトラリーが使われていることに注目していただきたい。

Throughout Afternoon Tea, a little swapping and cross-tasting of your friend’s choices is encouraged. A good afternoon tea might take anything up to an hour and a half to enjoy. The ideal feeling on leaving the table should be an inner contentment combined with the need to walk for an hour as an antidote to all that sugar and cream.

アフタヌーンティをとっている間、友人と味見をし合うのもいい。アフタヌーンティを楽しむためには1時間半くらいかかるだろう。そしてテーブルを離れる時は内なる満足感とともに、砂糖とクリームを消化するために1時間のウォーキングの必要性を感じることが理想だ。

This may well be England’s greatest contribution to world happiness!

もしかしたらアフタヌーンティは世界の幸せに貢献するためにイングランドが生み出した最高のものかもしれない。

TEAINPROGRESS