A New Hotel in a Favourite Village 人気の村に新しいホテルが誕生

I’ve mentioned Painswick before – it’s my favourite Cotswold village. People in the Cotswolds love it for its silvery gold stone, ancient churchyard and historic feel. It’s also quite an uncommercial place. I wish that more visitors knew about it.

私が気に入っているコッツウォルズの村ペインズウィックに関しては以前にも触れたことがある。コッツウォルズの人はその銀がかった金色の石、古代の教会墓地、そして歴史を感じるこの村が大好きだ。また村自体あまり商業化されていない。そんな村ペインズウィックを私はもっと多くの人たちに知ってもらいたいと思っている。

Last night I went to see a new hotel (The Painswick) which opens tomorrow in the centre of this lovely place. I say ‘new’ but in fact the hotel building is centuries old.  The latest owners are Calcot Hotels, who also own Calcot Manor and Barnsley House, two famous Cotswold hotels – so everyone has been very curious to see how the new hotel would look inside. And so was I, especially since this is a hotel building that has great memories for me –  I had my 21st birthday party in the hotel.

昨夜、私はこの村の中心にあり明日オープンされる新しいホテル(The Painswick)を訪れてみた。‘新しい’と言ったが、実は建物は何世紀も経っている古いものだ。新しいオーナーはバーンズリー.ハウス他コッツウォルズで有名な2件のホテルを経営するカルコットホテル.グループなので、今度のホテルの内部がどのようになっているかは人々の注目するところとなった。実のところ私もその一人だったのである。 私にとってここは多くの思い出のあるホテルだ。- 十代の頃は、ゴルフをするために自転車でよくペインズウィック村に来たし、21歳の誕生パーティをしたのもこのホテルだった。(イギリスでは21歳が成人と見なされる大切な年)

I think that the new hotel is beautiful. There’s a slight edge of Scandinavian design in the mix, but actually the end result is slightly warmer than that. The hotel is keen that dining should be unpretentious – only as complicated as you want it to be. Menu items range from English classics to Cotswold favourites to dishes with some Asian touches.

新しいホテルは素敵だった。デザインは少々北欧調とミックスされた感じではあるが、結果的には暖かい感じに仕上がったと思う。食事に関してのホテルの方針は、決してフォーマル過ぎずにお客に好きなように楽しんでもらうことだ。メニューはイギリスの伝統料理からコッツウォルズでの人気料理、またアジア風タッチを取り入れたものまでさまざまだ。

There are a couple of treatment rooms run by Calcot Spa and a garden terrace that, in my opinion, offers one of the best views in the Cotswolds. It will be fantastic for afternoon tea in the summer.

またカルコット.スパが運営する二つのトリートメントの部屋もある。そしてここのガーデン.テラスからの眺めはコッツウォルズで最も素晴らしい景色のひとつに数えられると思う。夏にはここでのアフタヌーンティは素晴らしいだろう。

I think that this new hotel would very much appeal to Japanese visitors. It is beautifully designed, good value and easy to get to from London (Rail services are direct, to nearby Stroud).  I also like that the staff were warm and welcoming – and obviously very excited about the new opening.

この新しいホテルは日本からの訪問客にも広くアピールすると思う。デザインは美しく、料金も手ごろでロンドンからも行きやすい(近くのStroudまでロンドンから直行が出ている)。またスタッフの心のこもった歓迎もうれしい。 -  オープニングが待ち遠しい。

Anyway, let’s hope that you get the opportunity to stay one day.  www.thepainswick.co.uk

皆さんにも是非訪れてもらいたい。   www.thepainswick.co.uk

 

Stone – before and after.

DSC01832

I passed a quarry today – they are dotted all over the Cotswolds. Giant pieces of the famous Cotswold limestone were lying around waiting to be formed and shaped.

Cotswold stone is in demand for new buildings everywhere. It comes out of the ground, relatively soft and workable and, over time, dries out to form the brittle, crumbly and beautifully weathered stone that you see use in houses and pubs across the Cotswolds.

It’s so easy to work with, that stonemasons say that “you can do anything with it… except eat it.”

_89D9028

 

 

 

新しいスタイルのイギリス旅行

Screen Shot 2016-02-13 at 17.48.04

I met Yumiko Kojima-Tivers, the translator of this blog yesterday. It’s always a pleasure to see her and I’m always amazed at her knowledge of the Cotswolds.

昨日このブログの翻訳者でもある木島タイヴァース由美子に会った。彼女と会うことはいつも楽しいし、そのたびに彼女のコッツウォルズに関する知識の深さに感心する。

One thing we often talk about is how to create opportunities for visitors to truly experience English life and culture – which is part of the reason for this blog – and how it seems now that so many visitors from Japan want to have a different, deeper kind of experience of the Cotswolds and England, to meet local people and learn how life is for them.

彼女との会話の中でしばしば挙がることは旅行者にいかにしてイギリスの暮らしや文化を経験していただく場を作るかということ ー それがこのブログを始めた理由の一つでもあるのだが ー そして、最近の日本からの旅行者がいかにコッツウォルズ、イギリス国内で今までとは違ったさまざまな体験をすることを希望しているか、また彼らは地元の人との交流を通して,そのライフスタイルから何かを見出したいと思っていることだ。

Screen Shot 2016-02-13 at 17.39.44

It’s how I feel when I visit Japan. Amongst other experiences, I have loved hanami; the chance to try chankonabe at a sumo-beys; an onsen visit; a night at a Buddhist temple on Mount Koya; making soba noodles and having an ikebana lesson. For a westerner these are really memorable experiences, but sometimes it takes a little courage or support from local people to discover or try new things.

それらは私が日本を訪れる時に望むことでもある。色々経験した中でも、私は花見、相撲部屋で食べたちゃんこ鍋、温泉、高野山の寺で過ごした夜、手打ち蕎麦作り、生け花教室での体験が非常に気に入った。西洋人としてこれらの経験は深い思い出となったのだが、新しいものを発見したり挑戦することは、時にはちょっとした勇気と、そして地元の人たちからのサポートが必要だ。

This is not a commercial blog, but I would like everyone to know that Yumiko has
created a new service (Culture Tourism UK) because her idea is so close to how I think that travel should be. Yumiko’s idea draws on her experience as a guide in England, talking to clients from Japan and developing an understanding of Japanese people’s interest in the UK. The key phrase is ‘in depth’ and so Culture Tourism UK has two sections. One is staying and learning at Denman (The Women Institute’s lovely residential college in a village not far from London. The Women’s Institute is an organisation for women which has branches all over the country and has Queen Elizabeth as its patron. ) and the other is a bespoke tour of UK for individuals and small groups, mainly in the Cotswolds.

このブログは商業目的ではない。しかし今回由美子が立ち上げたカルチャーツーリズムUKに関しては皆さんに知っていただきたいと思っている。何故なら彼女の旅に関する考えは私が感じていることにとても近いからだ。彼女のアイディアはイギリス観光ガイドとしての長年の経験から生まれたものだ。日本からの旅行者との会話を通して、彼らがイギリスに何を求めているかを考えた結果である。大切なことは「内容の深さ」だ。そこで彼女はカルチャーツーリズムUKを二つの分野に分けた。そのひとつはデンマンカレッジでのカルチャーレッスン(デンマンカレッジはThe Women’s Institute’s直営の宿泊施設を伴うカレッジでロンドンからさほど離れていない小さな村にある。Women’s Instituteとは全国に支部を持ち、エリザベス女王が後援者である大規模なイギリスの婦人協会)、そしてもう一つは主にコッツウォルズを巡る個人や小グループのための完全オーダーメードの旅のコーディネートだ。

Screen Shot 2016-02-13 at 17.39.24

The first clients arrive at the end of May! They will be spending time in London, visiting the V&A Museum. Later they will spend time at Denman, spending a day baking for afternoon tea, staying overnight and enjoying a talk on afternoon tea culture. The tour then continues with a Cotswold visit to see some of the most beautiful English countryside and making a visit to Woburn Abbey, (which is where the afternoon tea culture started . After some more time in London, the tour ends. Yumiko accompanies throughout to ensure that clients have the opportunity to enjoy, discuss and understand their experiences.

Information at: http://culturetourismuk.com

カルチャーツーリズムUKが立ち上げられて以来、初めての一般向けツアーが5月末に企画されている。参加者はロンドンでヴィクトリア&アルバート博物館を見学した後デンマンカレッジに宿泊しながら、アフタヌーンティのお菓子作りを学び、お茶文化に関するレクチャーを受ける。ツアーはその後コッツウォルズの最も素晴らしいカントリーサイドのいくつかを周りながら、アフタヌーンティの発祥地であるウォーバンアビーを訪ね、最後に再びロンドンに戻りツアーは終了する。ツアーの間中由美子が参加者に同行し、満足のいくツアーになるよう常に確認することになっている。

詳しくは http://culturetourismuk.comScreen Shot 2016-02-13 at 17.44.52

Nodding Heads 首を振りながら

The end of January and early February see the arrival of snowdrops in the Cotswolds. These delicate, pure white flowers have their own enthusiasts, not least because they mark the passing of winter and the coming of Spring.

1月末から2月初めにかけてコッツウォルズではスノードロップが咲き始める。その繊細で真っ白い花は特に冬の終わりと春の到来を告げるので、熱心なファンもいる。

Snowdrops are mysterious little plants – the botanical name is Galanthus (Greek gala “milk”/ anthos “flower”) and they come with various rural suspicions, for example it’s said to be unlucky to bring them into the house.

スノードロップは神秘的な小さな植物だ - その学名は‘ガランサス’で(ギリシャ語でガラとはミルク、アンソスとは花の意)、田舎には花に関してのさまざまな迷信がいまだに残る。例えばスノードロップを家の中に持ち込むことは縁起が悪いと言われている。DSC01680This year we went to Colesbourne Park to see one of the largest collections in Britain. The private garden opens for a just few days a year, at this time, to allow people to walk around the gardens and church to see spectacular banks of snowdrops, their heads nodding in the breeze. Enthusiasm for snowdrops is high here – they’re even on the alter cloth in the church.

我々は今年、イギリス内でも最大のスノードロップのコレクションを有するガーデンのひとつであるコールズボーン.パークに行ってきた。このプライベートガーデンはガーデンや教会の周りに咲く見事なスノードロップを楽しむ人たちのために、一年のうちこの時期のみ数日一般公開される。それらのスノードロップは微風に翻っている。ここではスノードロップに関する人々の興味が一層深い。 - 教会の祭壇に掛けられる布にさえスノードロップの模様が見られるくらいだ。

There is quite a lot of variety amongst snowdrops. Some are ‘giants’, some have heart shaped marks, some long stems.

ここにはとても多くの種類のスノードロップがある。 巨大なものもあればハート型の印をつけたもの、特に茎の長いものもある。

DSC01684  DSC01681  DSC01688  IMG_3015

Anyway, an afternoon at Colesbourne is a good excuse for a winter walk and, as usual in England, wherever flowers are on display – tea, cake and a plant shop are never far away.

 

コールズボーン.パークでの午後は冬のウォーキングには相応しいものであった。イギリスではいつものように花が咲き乱れているところでは紅茶やケーキ、そして植物を売るお店が必ず近くにあるからだ。

IMG_3018.JPG    IMG_3016.JPG    DSC01714

New Cats

IMG_2348

A few weeks ago, it seemed the right time to get some new cats, as sadly we lost our aged cat a few months ago.

悲しいことに私たちの高齢の猫が数か月前に死んでしまったので、数週間前からそろそろ新しい猫を飼う時期かと考えていた。

Pets are very popular in Britain – it’s estimated that 46% of households in Britain have a pet.  Dog owners (24%) slightly outnumber cat owners  (18%).

イギリスでは多くのひとがペットを飼っている。- 推定では46%の家庭でペットが飼われていて、そのうち犬を飼っているのは24%と、猫の18%を少し上回っている。

It seems wrong to buy pets when so many cats are abandoned, so we went to a local charity where there are always rescued cats in need of a good home. We made a contribution of £120 to the charity and got two kittens – microchipped and checked over by a vet.  We named them Belle and Sebastian. Belle is a British medium haired female and Seb is a short hair.

They’ve settled in well and are very affectionate towards each other. Seb is obsessed by running water and enjoys sitting in the sink.

捨てられた猫がこんなにも沢山いる中で買ってペットをもつことは間違っているように思うので、私たちは地元のチャリティに足を運んだ。そこには常にレスキューされ、新しいオーナーを待つ猫がいる。私たちはそのチャリティに120ポンド支払い、2匹の猫を引き取ってベルとセバスチャンと名づけた。ベルはイギリス産の中くらいの長さの毛の猫で、セバスチャンは短い毛の猫だ。

2 匹とも新しい環境に良く慣れてとても仲がいい。セブ(セバスチャン)は流れている水に夢中で、流しに座るのが大好きだ。

IMG_2377

Belle walks around looking cute.

ベルは歩き回るのがとてもかわいらしい。

IMG_2099

They’ve just started to go outside – the back garden here is enclosed and pretty good for cats, although we did see a large fox last night, so they won’t be going out for a while.

Recently a photographer friend from Japan stayed with and took the pictures below (you’ll notice the dramatic increase in picture quality). It looks like the cats enjoyed posing for him… so, with thanks to Kiyoshi Sakasai, here are their portraits:

2匹はやっと外に出始めた。我が家の裏の庭は周囲を囲まれていて猫には安全だ。
ところが昨夜キツネを見かけたので、しばらくは外に出さないことにしよう。

最近、日本から写真家の友人が我が家に泊まって下の写真を写してくれた。(写真の質が急激に良くなったことに気がつかれるだろう)まるで猫たちは写真のためにポーズをとっているようだ。坂斎清氏に感謝する。それでは猫たちの肖像画をご披露しよう。

_3A_0254 _3A_0255 _3A_0260 _3A_0275

2015年ラグビーワールドカップで日本を応援 Supporting Japan at the Rugby World Cup 2015

I went to Gloucester to see Japan playing Scotland in the Rugby World Cup.

日本とスコットランドのラグビーワールドカップを観戦するためにグロスターに行った。

It was easy to wear the right colours because the Gloucester Rugby shirt colour is ‘Cherry and White’

この試合に合った色の服を着るのは難しくはない。何故ならグロスター.ラグビーチームの色が日本と良く似た‘チェリーカラーとホワイト’だからだ。

IMG_2236

Plenty of Scotland fans were there…  but we were also surprised at how many Japan rugby supporters there were.

大勢のスコットランドチームのファンがいたが、日本チームのファンがあまりに多いのに驚いた。

IMG_2244

It was great to go with some friends from Japan. A nice atmosphere, although unfortunately Japan weren’t able to beat Scotland this time. Let’s hope that they do well in their remaining matches – the Japanese team has won a lot of respect in this competition and the fans are great fun.

日本から訪れている友人たちと共に楽しく観戦した。今回は日本は残念ながらスコットランドに勝つことはできなかったが、素敵な雰囲気が周りに漂っていた。残る試合での日本チームの健闘を祈ろう。

ー 日本チームはこのワールドカップで多くの尊敬を集めたのだから!

IMG_2247

IMG_2264  IMG_2271IMG_2273  IMG_2276IMG_2277  IMG_2278  IMG_2282IMG_2281  IMG_2260