Category Archives: Slow Travel

June – and the poppies arrive.

A familiar sight in June, and one of the most colourful wild flowers. These red poppies are mixed with rapeseed, which have just finished their bright yellow bloom (you can still just see a few flowers remaining in the picture).  Even better, in the next field there is linseed which is the most beautiful pure pale blue colour.

IMG_3877

A New Hotel in a Favourite Village 人気の村に新しいホテルが誕生

I’ve mentioned Painswick before – it’s my favourite Cotswold village. People in the Cotswolds love it for its silvery gold stone, ancient churchyard and historic feel. It’s also quite an uncommercial place. I wish that more visitors knew about it.

私が気に入っているコッツウォルズの村ペインズウィックに関しては以前にも触れたことがある。コッツウォルズの人はその銀がかった金色の石、古代の教会墓地、そして歴史を感じるこの村が大好きだ。また村自体あまり商業化されていない。そんな村ペインズウィックを私はもっと多くの人たちに知ってもらいたいと思っている。

Last night I went to see a new hotel (The Painswick) which opens tomorrow in the centre of this lovely place. I say ‘new’ but in fact the hotel building is centuries old.  The latest owners are Calcot Hotels, who also own Calcot Manor and Barnsley House, two famous Cotswold hotels – so everyone has been very curious to see how the new hotel would look inside. And so was I, especially since this is a hotel building that has great memories for me –  I had my 21st birthday party in the hotel.

昨夜、私はこの村の中心にあり明日オープンされる新しいホテル(The Painswick)を訪れてみた。‘新しい’と言ったが、実は建物は何世紀も経っている古いものだ。新しいオーナーはバーンズリー.ハウス他コッツウォルズで有名な2件のホテルを経営するカルコットホテル.グループなので、今度のホテルの内部がどのようになっているかは人々の注目するところとなった。実のところ私もその一人だったのである。 私にとってここは多くの思い出のあるホテルだ。- 十代の頃は、ゴルフをするために自転車でよくペインズウィック村に来たし、21歳の誕生パーティをしたのもこのホテルだった。(イギリスでは21歳が成人と見なされる大切な年)

I think that the new hotel is beautiful. There’s a slight edge of Scandinavian design in the mix, but actually the end result is slightly warmer than that. The hotel is keen that dining should be unpretentious – only as complicated as you want it to be. Menu items range from English classics to Cotswold favourites to dishes with some Asian touches.

新しいホテルは素敵だった。デザインは少々北欧調とミックスされた感じではあるが、結果的には暖かい感じに仕上がったと思う。食事に関してのホテルの方針は、決してフォーマル過ぎずにお客に好きなように楽しんでもらうことだ。メニューはイギリスの伝統料理からコッツウォルズでの人気料理、またアジア風タッチを取り入れたものまでさまざまだ。

There are a couple of treatment rooms run by Calcot Spa and a garden terrace that, in my opinion, offers one of the best views in the Cotswolds. It will be fantastic for afternoon tea in the summer.

またカルコット.スパが運営する二つのトリートメントの部屋もある。そしてここのガーデン.テラスからの眺めはコッツウォルズで最も素晴らしい景色のひとつに数えられると思う。夏にはここでのアフタヌーンティは素晴らしいだろう。

I think that this new hotel would very much appeal to Japanese visitors. It is beautifully designed, good value and easy to get to from London (Rail services are direct, to nearby Stroud).  I also like that the staff were warm and welcoming – and obviously very excited about the new opening.

この新しいホテルは日本からの訪問客にも広くアピールすると思う。デザインは美しく、料金も手ごろでロンドンからも行きやすい(近くのStroudまでロンドンから直行が出ている)。またスタッフの心のこもった歓迎もうれしい。 -  オープニングが待ち遠しい。

Anyway, let’s hope that you get the opportunity to stay one day.  www.thepainswick.co.uk

皆さんにも是非訪れてもらいたい。   www.thepainswick.co.uk

 

Slow Travel スロートラベ

Morris Tour 2014 075 - Copy

I had a visit from Japanese friends this week, Mrs Yuka Shimoda and her husband Koishi. They are very busy people (Yuka is Editor in Chief of Modern Living Magazine and Koishi is a magician, part of The Napoleons, a comedy magic act in Japan) and so a holiday is a very rare thing for them. I was really pleased that they decided to spend most of their time in one place rather than the more usual type of holiday that involves dashing all over Britain to see as much as possible. This is the idea behind ‘slow travel,’ an idea that emphasises allowing time for experiences rather then having a long list of things to ‘tick off’ a list when on holiday.

今週、日本の友人であるシモダユカさんとご主人のコイシさんの訪問を受けた。彼らはとても多忙で(ユカさんはモダン.リヴィングという雑誌の編集長で、コイシさんはコメディマジック.グループ‘ナポレオンズ’のメンバーでマジシャンだ)ホリデーに出かけるのは珍しいようだ。彼らが、多くの場所を急いで周る通常のホリデーではなく、一か所でゆっくり過ごすホリデーを選んだことを大変うれしく思っている。これがいわゆる‘スロー.トラベル’の背景にあるアイディアなのだ。つまりホリデーのために作られた長いリストを訪問した先から消していくのではなく、時間をゆっくりかけてさまざまな経験をすることを強調した旅のスタイルである。

The other thing that reminded me of ‘slow travel’ recently was seeing some pictures from the much appreciated translator of this blog, Mrs Yumiko Kijima-Tivers.  Many of her clients now choose to travel more meaningfully by exploring a particular theme or idea.  Yumiko, who is a London-based Blue Badge Guide, has recently been exploring the world of William Morris for some clients and provided the pictures on this page. You can see her blog here.

最近、‘スロートラベル’に関して気が付いた別の例は、このブログの翻訳をしている木島タイヴァース由美子さんから送られた写真を見た時だった。今や彼女のクライエントの多くは特別なテーマやアイディアを追及して、より意義のある旅行をしている。由美子はロンドンをベースとするブルーバッジ.観光ガイドで、最近ウィリアム.モリスの世界を周るツアーで仕事をした際の写真が送られてきた。See her blog too!

Morris Tour 2014 042 - Copy-1

It’s always interesting to see what other people photograph when they visit the Cotswolds and I love the fact that her pictures are often details of real cottages rather than castles; local people’s gardens rather then large public gardens and so on. Travel slowly, meet local people and take time to enjoy local food and traditions – that’s the real way to travel!

コッツウォルズを訪れる人が撮影した写真にはいつも興味があるが、彼女の写真は、例えばお城よりは普通のコテージ、一般公開されている大きなガーデンよりは地元の人々のガーデンを撮影したものが多く、とても気に入っている。 ゆっくり旅をしよう。そして地元の人たちとの触れあい、地元の食事や伝統をゆっくり味わう ー これこそが旅行の本当の楽しみ方だ!

Morris Tour 2014 038 - Copy