Category Archives: Flowers

My Father’s Garden 父のガーデン

I visited my father last weekend and I was, as usual, impressed at how beautiful the garden is.

週末に父のところに行った。そしていつものように庭の美しさに感動した。

The garden was started in the 1960s, created on clay soil. Dad laboriously dug up the clay, burnt it and then broke up and mixed in with the soil. So this garden really was built ‘from the ground up’.

父が粘土質の土地にこのガーデンを作り始めたのは1960年代だった。父はその粘土を苦労しながら一生懸命掘り起し、焼いて砕いて、そして土と混ぜた。だからこの庭は本当にゼロから始まったと言える。

Over the years we have added different bits and pieces, such as rocks ‘borrowed’ from the nearby Forest of Dean, Tunisian clay lights and a metal  porthole from a shipwreck in Wales. Most importantly hundreds of plants, a couple of ponds and  various fruit trees have been included to make what is a good example of an English gardeners home.

長年の間に私たちは近くのディーンの森から‘借りてきた’岩や、チュニジアの粘土や、ウェールズで難破した船から持ってきた金属製の舷窓などをちょこちょこ付け足していった。以来何百という植物、ふたつの池、幾種もの果物の木が加えられ、イギリスの園芸家の典型的な庭になっていった。

 

June – and the poppies arrive.

A familiar sight in June, and one of the most colourful wild flowers. These red poppies are mixed with rapeseed, which have just finished their bright yellow bloom (you can still just see a few flowers remaining in the picture).  Even better, in the next field there is linseed which is the most beautiful pure pale blue colour.

IMG_3877

Nodding Heads 首を振りながら

The end of January and early February see the arrival of snowdrops in the Cotswolds. These delicate, pure white flowers have their own enthusiasts, not least because they mark the passing of winter and the coming of Spring.

1月末から2月初めにかけてコッツウォルズではスノードロップが咲き始める。その繊細で真っ白い花は特に冬の終わりと春の到来を告げるので、熱心なファンもいる。

Snowdrops are mysterious little plants – the botanical name is Galanthus (Greek gala “milk”/ anthos “flower”) and they come with various rural suspicions, for example it’s said to be unlucky to bring them into the house.

スノードロップは神秘的な小さな植物だ - その学名は‘ガランサス’で(ギリシャ語でガラとはミルク、アンソスとは花の意)、田舎には花に関してのさまざまな迷信がいまだに残る。例えばスノードロップを家の中に持ち込むことは縁起が悪いと言われている。DSC01680This year we went to Colesbourne Park to see one of the largest collections in Britain. The private garden opens for a just few days a year, at this time, to allow people to walk around the gardens and church to see spectacular banks of snowdrops, their heads nodding in the breeze. Enthusiasm for snowdrops is high here – they’re even on the alter cloth in the church.

我々は今年、イギリス内でも最大のスノードロップのコレクションを有するガーデンのひとつであるコールズボーン.パークに行ってきた。このプライベートガーデンはガーデンや教会の周りに咲く見事なスノードロップを楽しむ人たちのために、一年のうちこの時期のみ数日一般公開される。それらのスノードロップは微風に翻っている。ここではスノードロップに関する人々の興味が一層深い。 - 教会の祭壇に掛けられる布にさえスノードロップの模様が見られるくらいだ。

There is quite a lot of variety amongst snowdrops. Some are ‘giants’, some have heart shaped marks, some long stems.

ここにはとても多くの種類のスノードロップがある。 巨大なものもあればハート型の印をつけたもの、特に茎の長いものもある。

DSC01684  DSC01681  DSC01688  IMG_3015

Anyway, an afternoon at Colesbourne is a good excuse for a winter walk and, as usual in England, wherever flowers are on display – tea, cake and a plant shop are never far away.

 

コールズボーン.パークでの午後は冬のウォーキングには相応しいものであった。イギリスではいつものように花が咲き乱れているところでは紅茶やケーキ、そして植物を売るお店が必ず近くにあるからだ。

IMG_3018.JPG    IMG_3016.JPG    DSC01714

Three Signs of Autumn 秋の兆し

DSC00021

When the weather is fine, September is an enjoyable month in the Cotswolds. It does, however, feel slightly lost between between two seasons. Summer is nearly over, Autumn is coming… we lose our long sunny days and we look forward to Autumn colour.

お天気さえ良ければ9月のコッツウォルズはおもしろい。しかし季節の変わり目ということもあり、少し戸惑ってしまうこともあるかもしれない。夏がそろそろ終わりに近づき、秋がやってくる......長く陽がさす日々が終われば、今度は秋の色が楽しみになってくる。

Now the fields themselves are changing colour as farmers stack up the hay and plough the fields turning them from straw to brown, their tractors followed by colonies of birds investigating the newly turned soil for insects.

今は野原の色が変わりつつある。それは農夫たちによって刈り取られた干し草が積み上げられ、その後に土が耕されて、野の色が麦色から茶色に変わっていくからだ。耕したばかりの土から這い上がる虫を求めて、鳥の群れがトラクターの後ろに続く。

Hay bales are enigmatic things. When I was young they were stacked in the barn at the back of my grandfather’s farm. We played there and made houses from the bales. There were chickens too and sometimes they laid eggs in the hay. The smell and rough sensation of touching straw are very enigmatic. I had my first kiss in a straw barn.

干し草の俵は思い出深い。私が小さかった頃、祖父の農場の後ろにあった納屋にそれらの俵が積まれていた。私たちはその俵で家を造ったりして遊んだ。そこには鶏もいて、時々干し草の中に大きな玉子を産んでいた。干し草の香りと荒っぽい干し草を触った時の感触はなんとも言えない。私が生涯初めてのキスをしたのもそういう納屋の中だった。

The signs of the end of summer are straw bales, the change in colour of fields and also the arrival of blackberries. They’re delicious cooked with apples. Preparing them stains your hands and your lips as you steal a few from the pile.

夏の終わりを告げるのが干し草の俵と野原の色の変化、そしてブラックベリーの到来だ。リンゴと一緒に料理すれば格別だ。料理している間、ブラックベリーで指が染まる。そして味見をしながら料理するので、唇まで同じように染まってしまう。

DSC00023