Category Archives: England

全てが緑に。 Everything’s Gone Green

DSC01360

The Cotswolds has gone green. Yesterday I stopped the car to pick up some twigs to support some pea plants. Walking on a little further I stumbled across some woods that I’d never seen before and the last of the Spring bluebells just fading fading out. Quite beautiful.

コッツウォルズが緑に包まれている。昨日私は、豆の茎の支えに使うための小枝を拾うために車を停めた。少し歩いたところでこれまで見たことのない林に辿り着いたのだが、そこには色あせかけた最後のブルーベルが咲いていた。それはとても美しかった。

DSC01342

Back at home I used the twigs in a trough. 家に帰ってから、私は小枝をトラフ(図)に立てた。

IMAG4194

It’s amazing how the pea plants bid themselves around the twigs within a few hours. Plant instinct.

驚いたことに、数時間以内に豆の茎が小枝に絡まリ始めたのだった。正に植物の本能である。

IMAG4191

クリスマスの伝統 その 2 : ヤドリギ

IMAG3631

It’s a tradition to bring Mistletoe into the house at Christmas.

イギリスの伝統のひとつはクリスマスにヤドリギを家の中に飾ることだ。

Mistletoe is a common sight in the Cotswolds, high in the trees that line the country lanes. It’s a mysterious, parasitic plant that feeds on trees and looks like a loose ball of leaves suspended from bare winter branches.

ヤドリギはコッツウォルズでは良く見かける。それはカントリーレインに並ぶ木々の上の高い所に宿る。ヤドリギは他の木に寄生し、裸になった冬の木々の枝にぶらさがるボールのようなような不思議な植物だ。

In my case, I took two boughs from my father’s apple tree this afternoon. Cutting your own mistletoe is very satisfying… it’s good for the host tree and the vivid green brightens up the house in December.

今日の午後、私は父のところにあるリンゴの木から2本の枝を持ってきた。自分で切ったヤドリギに満足だ。宿っている木々にも良いことだし、その鮮やかな緑が12月の家々を明るくくしてくれる。

This winter, all the local mistletoe seems to be especially bright and perfect, with plenty of the usual milky white berries. Tradition says that if you stand under the mistletoe you can ask for a kiss. And there is said to be a kiss for every berry…

今年の冬は、地元の全てのヤドリギはミルクのような白いベリーを多くつけて特別に鮮やかで、完璧に見える。伝統ではヤドリギの下立つとキスをしてもいいということになっている。そしてそれは一個一個のベリーの数と同じ数のキスだそうな....

IMAG3629

Christmas Tradition 1: Christmas Cards クリスマスの伝統 その1 : クリスマスカード

Screen Shot 2014-12-13 at 17.50.23

December – time to send Christmas cards.

12月ークリスマスカードを送る時期だ。

Christmas cards aren’t as old a tradition as you might think – the picture above is the very first one and goes back to 1843, when the Post Office wanted the new ‘Penny Post’ popular. The Penny Post made sending letters affordable for ordinary people.

クリスマスカードの伝統は一般の人が考えるほど古いものではない。上の写真は史上初のクリスマスカードで、それは1843年のこと。郵便局が新しい‘ペニーポスト’を奨励するのが目的だった。‘ペニーポスト(1ペニーで郵便物を配達するシステム)’は普通の人が手ごろな料金で手紙を送ることを可能にさせた。

I think that it’s nice to send hand made cards at Christmas. This year I made a linocut of a peace dove, cutting shapes into a piece of lino.

クリスマスに手作りのカードを送ることは素敵な事だと思う。今年は私はリノリウムの板に平和の鳩を彫った。

IMAG3401

Then paint and roller, I used a glass chopping board to roll the ink on…

ガラスのまな板の上にインク、ローラーをのせて.....

IMAG3403

Then rolled the ink onto the lino.

そしてリノリウムの板の上にローラーでインクを塗った。

IMAG3404

Cover the entire thing (not too much ink!) then…

板の上全体にインクをしみこませ(インクが多すぎないように!)、そして....

IMAG3408

Press down onto some folded card.

ふたつに折ったカードの上に板を押しつける。

IMAG3407

Next the best bit of the process… carefully remove the lino to reveal the print.

次が一番楽しいプロセスだ。注意しながらリノリウムの板をはがすと印刷されたものが見えてくる。

IMAG3405

Repeat and build up your pile of Christmas cards.

これを何回も繰り返してカードの束ができあがる。

IMAG3409

When they’re dry, they’re all ready to send off.

乾いたら送るの準備の完了だ。

IMAG3414

A Word About British Food. And a Visit to a Fish and Chip Shop. イギリスの食べ物に関してひとこと。そしてフィッシュ.アンド.チップスのお店について。

IMAG3321

It seems that Britain’s food image isn’t very good worldwide. Whereas people travel to France or Italy because of the food, research tells us that many people view British food with suspicion.  Certainly our style is different, often with an emphasis on quantity, large pieces of meat etc which must be unpleasant to visitors from Japan who are more used to quality of presentation.

世界的にイギリスの食事に関する評価はあまり高くないようだ。人々は食を理由にフランスやイタリアへ行くようだが、リサーチでは多くの人がイギリスの食事に疑いを持っているという結果が出ている。確かに我々の食のスタイルは他と違うし、しばしばそれは量を強調していることもある。肉の大きさなどであるが、量より質を重んじる日本人には好ましくないだろう。

Things aren’t all bad though. Raw materials – ingredients – in Britain can be very high quality, with good standards or organic production and organic integrity.  My own theory is that much of the best English food is served at home.  For that reason I don’t often eat takeaway food.  There are maybe four main kinds of takeaway food here – which are based on Britain’s history as a country with an empire. Almost every town, or even large village will have an Indian and Chinese takeaway and many have a Thai Restaurant (So you see, we quite like rice!).

しかし、事態はそれほど悪いものではない。原材料 ― 原料 ― に関してはイギリスはスタンダード、オーガニック生産や完全オーガニック性とともに質がとても高い。私自身の意見は、最高のイングリッシュフードは家庭で食べるに限るということだ。こういう理由から私はめったにテイクアウトは利用しない。

この国では主に4種類のテイクアウト用食べ物があるーそれは大英帝国としての歴史的背景が基盤になっていると思う。ほとんど全ての町、そして大きな村にさえインド料理、中華料理、そして多くはタイ料理のレストランがある。(我々はけっこう米好きでなのだ!)

The fourth style is thought to be our national dish – fish and chips. In fact I had fish and chips today, although this is quite unusual for me – heavy food!  Britain has an estimated 10,500 fish and chip shops and on any Friday, one in five takeaways are from the chip shop. An estimated 229 million portions of fried fish are sold in the UK every year.

4番目は我々独自の国家的食べもの ー フィッシュ&チップスである。実は私は今日、フィッシュ&チップスを食べたのであるが、これは珍しいことだ。 ― 私にはヘビーすぎる食べ物なのだ。イギリスには想定10,500のフィッシュ&チップスの店があり、金曜のテイクアウトの5件に一件はフィッシュ&チップスだそうだ。また毎年想定2億2900万の魚のフライがイギリスで売られている。

The UK’s favourite fish choice is cod, which accounts for six out of 10 portions sold. Haddock comes in second, at 25 per cent. The remaining 13.5 per cent includes hake, halibut, plaice, pollock and sole.

イギリスで最も好まれる魚はコッド(タラ)で、10皿に6皿がコッドである。ハドック(特に北大西洋産タラ)は25%、残りの13、5%のヘイク(日本ではタラの種類)、ハリバット(オヒョウの類)、プレイス(ヒラメの類)、ポロック(北大西洋産タラの類)、ソール(カレイ)がこれに続く

Sadly, not many fish and chip restaurants are very high quality – if you visit the UK, please be careful and ask advice to find a good one. I think that the restaurant that I went to today is a good one. It’s called Simpsons in Cheltenham and so here is my guide to a good Fish and Chip shop and what to look out for if you want good English Fish and Chips. 

残念ながら良質のフィッシュ&チップスのお店は多くはない。もしあなたがイギリスに旅するのであれば、気をつけていただきたい。是非良質のフィッシュ&チップスのレストランはどこかアドバイスを求めることをおすすめする。今日、私が行ったレストランは良いレストランだったと思う。「チェルテナムのシンプソンズ」というレストランだ。これが私の勧めるフィッシュ&チップス店であり、そのような質の良いイングリッシュのフィッシュ&チップスの店を見つける時に気を付けていただきたいことを満たした店であると思う

IMAG3312 IMAG3315

The place has to be spotlessly clean of course. And it’s nice to see an award in the window and a queue of people waiting to get in. This Fish and Chip shop takes sustainability very seriously – stocks of Cod (the traditional ‘fish and chips’ fish) are threatened and so they also offer alternatives, only use wild fish from sustainable grounds and sends its waste fat to be made into bio-fuel. All very good to see.

もちろん店内は完璧に清潔であること。窓にはアワードを受けた証拠であるスティッカーが貼ってあり、外には席の空くのを待つお客の列ができている。このフィッシュ&チップスの店は‘持続性’をとても真剣に考えている ー コッド(伝統的なフィッシュ&チップスに使われる魚)は将来的存在が危険な状態にあるために、その他の魚を使うことや、持続性のある場所で取れる野生のコッドを使い、廃物となる脂肪はバイオ燃料になる。大変いいことだ。

I think it’s also good when the Fish and Chip Shop (we call them ‘Chippies’ affectionately) have well designed menus. To me, that means they are taking care of all the details.

またフィッシュ&チップス店(我々は愛情をこめて‘チッピーズ’と呼ぶ)のメニューのデザインがよいことも大切だ。私にとって、それは全ての詳細にわたって細心を配っている証拠だからだ。

IMAG3313   IMAG3314   IMAG3327

So I ordered a takeaway which was delivered in a smart cardboard box (keeps everything warm).  All very nice too – the traditional accompaniment is bread and butter and a cup of tea. Not especially healthy – mind you I only do it once a month!

こういうわけで私はテイクアウトを注文したわけだが、それは小さな段ボールの箱に入れて配達された。(熱がウ失われないようにと言う心配りが見られる)

全て良かった - 伝統ではバターを塗ったパンと紅茶と一緒に食べる。特別健康的とは言えないが - まあ、一か月に一度だから良しとしよう。

IMAG3325

Slow Travel スロートラベ

Morris Tour 2014 075 - Copy

I had a visit from Japanese friends this week, Mrs Yuka Shimoda and her husband Koishi. They are very busy people (Yuka is Editor in Chief of Modern Living Magazine and Koishi is a magician, part of The Napoleons, a comedy magic act in Japan) and so a holiday is a very rare thing for them. I was really pleased that they decided to spend most of their time in one place rather than the more usual type of holiday that involves dashing all over Britain to see as much as possible. This is the idea behind ‘slow travel,’ an idea that emphasises allowing time for experiences rather then having a long list of things to ‘tick off’ a list when on holiday.

今週、日本の友人であるシモダユカさんとご主人のコイシさんの訪問を受けた。彼らはとても多忙で(ユカさんはモダン.リヴィングという雑誌の編集長で、コイシさんはコメディマジック.グループ‘ナポレオンズ’のメンバーでマジシャンだ)ホリデーに出かけるのは珍しいようだ。彼らが、多くの場所を急いで周る通常のホリデーではなく、一か所でゆっくり過ごすホリデーを選んだことを大変うれしく思っている。これがいわゆる‘スロー.トラベル’の背景にあるアイディアなのだ。つまりホリデーのために作られた長いリストを訪問した先から消していくのではなく、時間をゆっくりかけてさまざまな経験をすることを強調した旅のスタイルである。

The other thing that reminded me of ‘slow travel’ recently was seeing some pictures from the much appreciated translator of this blog, Mrs Yumiko Kijima-Tivers.  Many of her clients now choose to travel more meaningfully by exploring a particular theme or idea.  Yumiko, who is a London-based Blue Badge Guide, has recently been exploring the world of William Morris for some clients and provided the pictures on this page. You can see her blog here.

最近、‘スロートラベル’に関して気が付いた別の例は、このブログの翻訳をしている木島タイヴァース由美子さんから送られた写真を見た時だった。今や彼女のクライエントの多くは特別なテーマやアイディアを追及して、より意義のある旅行をしている。由美子はロンドンをベースとするブルーバッジ.観光ガイドで、最近ウィリアム.モリスの世界を周るツアーで仕事をした際の写真が送られてきた。See her blog too!

Morris Tour 2014 042 - Copy-1

It’s always interesting to see what other people photograph when they visit the Cotswolds and I love the fact that her pictures are often details of real cottages rather than castles; local people’s gardens rather then large public gardens and so on. Travel slowly, meet local people and take time to enjoy local food and traditions – that’s the real way to travel!

コッツウォルズを訪れる人が撮影した写真にはいつも興味があるが、彼女の写真は、例えばお城よりは普通のコテージ、一般公開されている大きなガーデンよりは地元の人々のガーデンを撮影したものが多く、とても気に入っている。 ゆっくり旅をしよう。そして地元の人たちとの触れあい、地元の食事や伝統をゆっくり味わう ー これこそが旅行の本当の楽しみ方だ!

Morris Tour 2014 038 - Copy

 

 

Clipping Celebrations at Painswick Village ペインズウィック村のクリッピング.セレブレーション

DSC00135

Painswick is a Cotswold village that is not as well-known as it should be. To me, it’s almost perfect, set on the side of a Cotswold valley and with the most beautiful church. The Cotswold stone, deep gold elsewhere, has a beautiful silver quality here.

ペインズウィックは実際はもっと知られてもいい村だと思っている。私にとってこの村はその最も美しい教会と共にコッツウォルズの谷に佇むほとんど完璧ともいえる村なのだ。コッツウォルドストーンは他の地では深い金色のものがここでは美しい銀色をしている。

In the churchyard there are huge shaped yew trees. 

教会の境内にはきちっと刈られた巨大なイチイの木がある。

DSC00156

Today was the ‘Clipping Ceremony.’  ‘Clipping’ is an Old English term meaning ‘encirclement’ and on this day the people of Painswick would join hands around the church exterior and sing their Clipping Hymn.  ‘Clipping’ has nothing to do with clipping trees,  it’s just a coincidence that there are trimmed yew trees.

今日は‘クリッピング.セレモニー’の日だ。‘クリッピング’とは古い英語で‘取り巻くこと’を意味する。そしてこの日集まったペインズウィックの人たちは手をつなぎながら教会の外を取り巻き、‘クリッピング.ヒム(讃美歌)’を歌う。ここで使われる‘クリッピング(刈る)’という言葉は木を刈ることとは関係ない。ここにあるイチイの木がきれいに刈り込まれているのは単なる偶然なのだ


DSC00140

 

As usual, any village celebration is an opportunity for food,  drink and a little light gossip amongst the yew trees and gravestones. At the back of this picture is one of my favourite old gravestones – in the shape of a pyramid. Afterwards we walk to the always dramatic place called Painswick Beacon – an ancient (500bc) British fort with 360 degree views of patchwork-like fields and the fleeting shadows of clouds racing over them.

他の村祭り同様この日もイチイの木や墓石を囲んで、食べたり、飲んだり、ゴシップをする絶好の機会だ。写真の後ろの方にある墓石は私の気に入っている古い墓石のひとつだ ― ピラミッドの形をしている。その後、私たちはいつもドラマチックな景観を見せてくれるペインズウィック.ビーコンへと歩いた ― 古代の(紀元前500年)イギリスの砦で、そこからは360度のパッチワークのような田園と、そこに落ちる雲の影が見渡せる。それは田園の上をまるで競争して走る一連の雲が落とす影だ。

DSC00171

Three Signs of Autumn 秋の兆し

DSC00021

When the weather is fine, September is an enjoyable month in the Cotswolds. It does, however, feel slightly lost between between two seasons. Summer is nearly over, Autumn is coming… we lose our long sunny days and we look forward to Autumn colour.

お天気さえ良ければ9月のコッツウォルズはおもしろい。しかし季節の変わり目ということもあり、少し戸惑ってしまうこともあるかもしれない。夏がそろそろ終わりに近づき、秋がやってくる......長く陽がさす日々が終われば、今度は秋の色が楽しみになってくる。

Now the fields themselves are changing colour as farmers stack up the hay and plough the fields turning them from straw to brown, their tractors followed by colonies of birds investigating the newly turned soil for insects.

今は野原の色が変わりつつある。それは農夫たちによって刈り取られた干し草が積み上げられ、その後に土が耕されて、野の色が麦色から茶色に変わっていくからだ。耕したばかりの土から這い上がる虫を求めて、鳥の群れがトラクターの後ろに続く。

Hay bales are enigmatic things. When I was young they were stacked in the barn at the back of my grandfather’s farm. We played there and made houses from the bales. There were chickens too and sometimes they laid eggs in the hay. The smell and rough sensation of touching straw are very enigmatic. I had my first kiss in a straw barn.

干し草の俵は思い出深い。私が小さかった頃、祖父の農場の後ろにあった納屋にそれらの俵が積まれていた。私たちはその俵で家を造ったりして遊んだ。そこには鶏もいて、時々干し草の中に大きな玉子を産んでいた。干し草の香りと荒っぽい干し草を触った時の感触はなんとも言えない。私が生涯初めてのキスをしたのもそういう納屋の中だった。

The signs of the end of summer are straw bales, the change in colour of fields and also the arrival of blackberries. They’re delicious cooked with apples. Preparing them stains your hands and your lips as you steal a few from the pile.

夏の終わりを告げるのが干し草の俵と野原の色の変化、そしてブラックベリーの到来だ。リンゴと一緒に料理すれば格別だ。料理している間、ブラックベリーで指が染まる。そして味見をしながら料理するので、唇まで同じように染まってしまう。

DSC00023