Category Archives: England

My Father’s Garden 父のガーデン

I visited my father last weekend and I was, as usual, impressed at how beautiful the garden is.

週末に父のところに行った。そしていつものように庭の美しさに感動した。

The garden was started in the 1960s, created on clay soil. Dad laboriously dug up the clay, burnt it and then broke up and mixed in with the soil. So this garden really was built ‘from the ground up’.

父が粘土質の土地にこのガーデンを作り始めたのは1960年代だった。父はその粘土を苦労しながら一生懸命掘り起し、焼いて砕いて、そして土と混ぜた。だからこの庭は本当にゼロから始まったと言える。

Over the years we have added different bits and pieces, such as rocks ‘borrowed’ from the nearby Forest of Dean, Tunisian clay lights and a metal  porthole from a shipwreck in Wales. Most importantly hundreds of plants, a couple of ponds and  various fruit trees have been included to make what is a good example of an English gardeners home.

長年の間に私たちは近くのディーンの森から‘借りてきた’岩や、チュニジアの粘土や、ウェールズで難破した船から持ってきた金属製の舷窓などをちょこちょこ付け足していった。以来何百という植物、ふたつの池、幾種もの果物の木が加えられ、イギリスの園芸家の典型的な庭になっていった。

 

A New Hotel in a Favourite Village 人気の村に新しいホテルが誕生

I’ve mentioned Painswick before – it’s my favourite Cotswold village. People in the Cotswolds love it for its silvery gold stone, ancient churchyard and historic feel. It’s also quite an uncommercial place. I wish that more visitors knew about it.

私が気に入っているコッツウォルズの村ペインズウィックに関しては以前にも触れたことがある。コッツウォルズの人はその銀がかった金色の石、古代の教会墓地、そして歴史を感じるこの村が大好きだ。また村自体あまり商業化されていない。そんな村ペインズウィックを私はもっと多くの人たちに知ってもらいたいと思っている。

Last night I went to see a new hotel (The Painswick) which opens tomorrow in the centre of this lovely place. I say ‘new’ but in fact the hotel building is centuries old.  The latest owners are Calcot Hotels, who also own Calcot Manor and Barnsley House, two famous Cotswold hotels – so everyone has been very curious to see how the new hotel would look inside. And so was I, especially since this is a hotel building that has great memories for me –  I had my 21st birthday party in the hotel.

昨夜、私はこの村の中心にあり明日オープンされる新しいホテル(The Painswick)を訪れてみた。‘新しい’と言ったが、実は建物は何世紀も経っている古いものだ。新しいオーナーはバーンズリー.ハウス他コッツウォルズで有名な2件のホテルを経営するカルコットホテル.グループなので、今度のホテルの内部がどのようになっているかは人々の注目するところとなった。実のところ私もその一人だったのである。 私にとってここは多くの思い出のあるホテルだ。- 十代の頃は、ゴルフをするために自転車でよくペインズウィック村に来たし、21歳の誕生パーティをしたのもこのホテルだった。(イギリスでは21歳が成人と見なされる大切な年)

I think that the new hotel is beautiful. There’s a slight edge of Scandinavian design in the mix, but actually the end result is slightly warmer than that. The hotel is keen that dining should be unpretentious – only as complicated as you want it to be. Menu items range from English classics to Cotswold favourites to dishes with some Asian touches.

新しいホテルは素敵だった。デザインは少々北欧調とミックスされた感じではあるが、結果的には暖かい感じに仕上がったと思う。食事に関してのホテルの方針は、決してフォーマル過ぎずにお客に好きなように楽しんでもらうことだ。メニューはイギリスの伝統料理からコッツウォルズでの人気料理、またアジア風タッチを取り入れたものまでさまざまだ。

There are a couple of treatment rooms run by Calcot Spa and a garden terrace that, in my opinion, offers one of the best views in the Cotswolds. It will be fantastic for afternoon tea in the summer.

またカルコット.スパが運営する二つのトリートメントの部屋もある。そしてここのガーデン.テラスからの眺めはコッツウォルズで最も素晴らしい景色のひとつに数えられると思う。夏にはここでのアフタヌーンティは素晴らしいだろう。

I think that this new hotel would very much appeal to Japanese visitors. It is beautifully designed, good value and easy to get to from London (Rail services are direct, to nearby Stroud).  I also like that the staff were warm and welcoming – and obviously very excited about the new opening.

この新しいホテルは日本からの訪問客にも広くアピールすると思う。デザインは美しく、料金も手ごろでロンドンからも行きやすい(近くのStroudまでロンドンから直行が出ている)。またスタッフの心のこもった歓迎もうれしい。 -  オープニングが待ち遠しい。

Anyway, let’s hope that you get the opportunity to stay one day.  www.thepainswick.co.uk

皆さんにも是非訪れてもらいたい。   www.thepainswick.co.uk

 

新しいスタイルのイギリス旅行

Screen Shot 2016-02-13 at 17.48.04

I met Yumiko Kojima-Tivers, the translator of this blog yesterday. It’s always a pleasure to see her and I’m always amazed at her knowledge of the Cotswolds.

昨日このブログの翻訳者でもある木島タイヴァース由美子に会った。彼女と会うことはいつも楽しいし、そのたびに彼女のコッツウォルズに関する知識の深さに感心する。

One thing we often talk about is how to create opportunities for visitors to truly experience English life and culture – which is part of the reason for this blog – and how it seems now that so many visitors from Japan want to have a different, deeper kind of experience of the Cotswolds and England, to meet local people and learn how life is for them.

彼女との会話の中でしばしば挙がることは旅行者にいかにしてイギリスの暮らしや文化を経験していただく場を作るかということ ー それがこのブログを始めた理由の一つでもあるのだが ー そして、最近の日本からの旅行者がいかにコッツウォルズ、イギリス国内で今までとは違ったさまざまな体験をすることを希望しているか、また彼らは地元の人との交流を通して,そのライフスタイルから何かを見出したいと思っていることだ。

Screen Shot 2016-02-13 at 17.39.44

It’s how I feel when I visit Japan. Amongst other experiences, I have loved hanami; the chance to try chankonabe at a sumo-beys; an onsen visit; a night at a Buddhist temple on Mount Koya; making soba noodles and having an ikebana lesson. For a westerner these are really memorable experiences, but sometimes it takes a little courage or support from local people to discover or try new things.

それらは私が日本を訪れる時に望むことでもある。色々経験した中でも、私は花見、相撲部屋で食べたちゃんこ鍋、温泉、高野山の寺で過ごした夜、手打ち蕎麦作り、生け花教室での体験が非常に気に入った。西洋人としてこれらの経験は深い思い出となったのだが、新しいものを発見したり挑戦することは、時にはちょっとした勇気と、そして地元の人たちからのサポートが必要だ。

This is not a commercial blog, but I would like everyone to know that Yumiko has
created a new service (Culture Tourism UK) because her idea is so close to how I think that travel should be. Yumiko’s idea draws on her experience as a guide in England, talking to clients from Japan and developing an understanding of Japanese people’s interest in the UK. The key phrase is ‘in depth’ and so Culture Tourism UK has two sections. One is staying and learning at Denman (The Women Institute’s lovely residential college in a village not far from London. The Women’s Institute is an organisation for women which has branches all over the country and has Queen Elizabeth as its patron. ) and the other is a bespoke tour of UK for individuals and small groups, mainly in the Cotswolds.

このブログは商業目的ではない。しかし今回由美子が立ち上げたカルチャーツーリズムUKに関しては皆さんに知っていただきたいと思っている。何故なら彼女の旅に関する考えは私が感じていることにとても近いからだ。彼女のアイディアはイギリス観光ガイドとしての長年の経験から生まれたものだ。日本からの旅行者との会話を通して、彼らがイギリスに何を求めているかを考えた結果である。大切なことは「内容の深さ」だ。そこで彼女はカルチャーツーリズムUKを二つの分野に分けた。そのひとつはデンマンカレッジでのカルチャーレッスン(デンマンカレッジはThe Women’s Institute’s直営の宿泊施設を伴うカレッジでロンドンからさほど離れていない小さな村にある。Women’s Instituteとは全国に支部を持ち、エリザベス女王が後援者である大規模なイギリスの婦人協会)、そしてもう一つは主にコッツウォルズを巡る個人や小グループのための完全オーダーメードの旅のコーディネートだ。

Screen Shot 2016-02-13 at 17.39.24

The first clients arrive at the end of May! They will be spending time in London, visiting the V&A Museum. Later they will spend time at Denman, spending a day baking for afternoon tea, staying overnight and enjoying a talk on afternoon tea culture. The tour then continues with a Cotswold visit to see some of the most beautiful English countryside and making a visit to Woburn Abbey, (which is where the afternoon tea culture started . After some more time in London, the tour ends. Yumiko accompanies throughout to ensure that clients have the opportunity to enjoy, discuss and understand their experiences.

Information at: http://culturetourismuk.com

カルチャーツーリズムUKが立ち上げられて以来、初めての一般向けツアーが5月末に企画されている。参加者はロンドンでヴィクトリア&アルバート博物館を見学した後デンマンカレッジに宿泊しながら、アフタヌーンティのお菓子作りを学び、お茶文化に関するレクチャーを受ける。ツアーはその後コッツウォルズの最も素晴らしいカントリーサイドのいくつかを周りながら、アフタヌーンティの発祥地であるウォーバンアビーを訪ね、最後に再びロンドンに戻りツアーは終了する。ツアーの間中由美子が参加者に同行し、満足のいくツアーになるよう常に確認することになっている。

詳しくは http://culturetourismuk.comScreen Shot 2016-02-13 at 17.44.52