Category Archives: 日本とイギリスのバレンタイン.デー

A New Hotel in a Favourite Village 人気の村に新しいホテルが誕生

I’ve mentioned Painswick before – it’s my favourite Cotswold village. People in the Cotswolds love it for its silvery gold stone, ancient churchyard and historic feel. It’s also quite an uncommercial place. I wish that more visitors knew about it.

私が気に入っているコッツウォルズの村ペインズウィックに関しては以前にも触れたことがある。コッツウォルズの人はその銀がかった金色の石、古代の教会墓地、そして歴史を感じるこの村が大好きだ。また村自体あまり商業化されていない。そんな村ペインズウィックを私はもっと多くの人たちに知ってもらいたいと思っている。

Last night I went to see a new hotel (The Painswick) which opens tomorrow in the centre of this lovely place. I say ‘new’ but in fact the hotel building is centuries old.  The latest owners are Calcot Hotels, who also own Calcot Manor and Barnsley House, two famous Cotswold hotels – so everyone has been very curious to see how the new hotel would look inside. And so was I, especially since this is a hotel building that has great memories for me –  I had my 21st birthday party in the hotel.

昨夜、私はこの村の中心にあり明日オープンされる新しいホテル(The Painswick)を訪れてみた。‘新しい’と言ったが、実は建物は何世紀も経っている古いものだ。新しいオーナーはバーンズリー.ハウス他コッツウォルズで有名な2件のホテルを経営するカルコットホテル.グループなので、今度のホテルの内部がどのようになっているかは人々の注目するところとなった。実のところ私もその一人だったのである。 私にとってここは多くの思い出のあるホテルだ。- 十代の頃は、ゴルフをするために自転車でよくペインズウィック村に来たし、21歳の誕生パーティをしたのもこのホテルだった。(イギリスでは21歳が成人と見なされる大切な年)

I think that the new hotel is beautiful. There’s a slight edge of Scandinavian design in the mix, but actually the end result is slightly warmer than that. The hotel is keen that dining should be unpretentious – only as complicated as you want it to be. Menu items range from English classics to Cotswold favourites to dishes with some Asian touches.

新しいホテルは素敵だった。デザインは少々北欧調とミックスされた感じではあるが、結果的には暖かい感じに仕上がったと思う。食事に関してのホテルの方針は、決してフォーマル過ぎずにお客に好きなように楽しんでもらうことだ。メニューはイギリスの伝統料理からコッツウォルズでの人気料理、またアジア風タッチを取り入れたものまでさまざまだ。

There are a couple of treatment rooms run by Calcot Spa and a garden terrace that, in my opinion, offers one of the best views in the Cotswolds. It will be fantastic for afternoon tea in the summer.

またカルコット.スパが運営する二つのトリートメントの部屋もある。そしてここのガーデン.テラスからの眺めはコッツウォルズで最も素晴らしい景色のひとつに数えられると思う。夏にはここでのアフタヌーンティは素晴らしいだろう。

I think that this new hotel would very much appeal to Japanese visitors. It is beautifully designed, good value and easy to get to from London (Rail services are direct, to nearby Stroud).  I also like that the staff were warm and welcoming – and obviously very excited about the new opening.

この新しいホテルは日本からの訪問客にも広くアピールすると思う。デザインは美しく、料金も手ごろでロンドンからも行きやすい(近くのStroudまでロンドンから直行が出ている)。またスタッフの心のこもった歓迎もうれしい。 -  オープニングが待ち遠しい。

Anyway, let’s hope that you get the opportunity to stay one day.  www.thepainswick.co.uk

皆さんにも是非訪れてもらいたい。   www.thepainswick.co.uk

 

Valentine’s Day in Japan and Britain 日本とイギリスのバレンタイン.デー

IMAG3791

I was reading about Valentine’s Day in Japan and it seems that it’s a little different to ours.

日本のバレンタイン.デイのことを読んでいたところだが、イギリスのものとは少し違うようだ。

To begin with, it’s properly called St Valentine’s Day, named after an one or more Roman saints. The stories of the Roman ‘Valentinus’ are probably more myth than legend, but one version says that a priest of that name defied the Emperor Claudius and married couples in secret so that the husbands wouldn’t have to go to war.

まず、正確な呼び名はセント.バレンタインズ.デイ。ローマ時代の何人かの聖者に由来する。ローマ人‘ヴェレンティナス’の話は、多分伝説というよりは神話に近いと言っていいだろう。しかし一説によれば皇帝クローディアスの命に反抗し、夫が戦争に行かなくてもいいようにと極秘のうちに若いカップルたちを結婚させていた同名の牧師に由来するとも言われている。

In Britain, we’ve gone pretty commercial about Valentine’s Day and everything from restaurants to the Fifty Shades of Grey movie is promoted in February.  It’s good to remember though that February 14th is based on a simple idea; lovers exchange cards and maybe a small gifts.  I always think a bit of thought is usually more romantic than an expensive present.  Unlike Japan, the exchange is two-way, girlfriend and boyfriend, husband and wife but, if you’re single (or being a bit naughty) it’s also it’s an opportunity to send a secret card to someone that you fancy. In fact, secrecy is part of it and even husband and wives usually don’t write their names in cards – just the words ‘be my Valentine.’   So if you are single and you get a card (or maybe more than one) you may have to guess who send it, which is kind of fun – but best not to guess wrong…

この国でもバレンタイン.デイはアメリカのように商業中心になっている傾向にある。2月に入るとレストランから、映画 ‘Fifty Shades of Grey ’まで全てのプロモーションが始まる。しかし、2月14日の日はごく単純なアイデイアに基づいていることを覚えておこう。それは恋人同士がカードやちょっとした贈り物を交換することだ。日本と違い、この国では恋人同士が両方で交換しあう。ガールフレンドとボーイフレンド、夫と妻など。しかし、もしあなたがシングルであったら(またはちょっと積極的な気分であれば)、気になる人に匿名でカードを出す機会でもあるのだ。もっとも秘密ということは大切なことであり、通常夫婦の間でさえカードに名前を書かない ー ‘私の恋人になってください。’という文章だけである。 ということで、もしあなたがシングルでカードをもらったら(一枚以上かもしれないが)、誰が送ったかを想像する必要がある。楽しいことではあるが、想像が間違っていないよう気をつけなければならない。

As in Japan, flowers and chocolate seems to be the main Valentine gifts, but remember that boys and girls exchange cards and gifts on this day, not just girls and… there’s no ‘tomo choco’, no ‘famili choco’, no ‘giri choco’ – just ‘honmei choco’ for the special one. And there’s no White Day to follow.

日本と同じように花束やチョコレートが贈られる。しかし、忘れてはいけないことはこの日、男女両方がカードやギフトを贈ることだ。女性だけではない。また‘友チョコ’もなければ‘ファミチョコ’もないし‘義理チョコ’もない。 - 特別な人の‘本命チョコ’のみである。そしてこれに続くホワイトデーなるものもない。

So how about me? It so happens that my Birthday is on the day after Valentine’s Day, 15th February, so often the postman delivers lots of cards on the 14th. I never tell him why. This year I designed and made a Valentine’s card for a change (see picture of our bookshelf).

私はどうだろう? 実は誕生日が翌日の15日であることから、郵便配達人は14日に沢山のカードを届けることになる。その理由は彼には話したことがない。今年は私はバレンタインのカードを自分で作ることにした。(上にある本棚の写真を見てほしい)

Card-sending really took off in 19th century Victorian times – this is how our where our images of flowers, doves and hearts started to become traditional.

カードを送ることは19世紀のヴィクトリア時代に一般に浸透した - それ以後、花や鳩、ハートのイメージが伝統になったのだ。.

Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.18 Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.31

Anyway, I wish you a Happy Valentine’s Day from the Cotswolds and I hope that you all received some Honmei Choco from someone special.

何はともあれ、コッツウォルズより ハッピー.バレンタインズ.デイ  皆さんが、特別な人から本命チョコをが届いたことを期待する。