Valentine’s Day in Japan and Britain 日本とイギリスのバレンタイン.デー

IMAG3791

I was reading about Valentine’s Day in Japan and it seems that it’s a little different to ours.

日本のバレンタイン.デイのことを読んでいたところだが、イギリスのものとは少し違うようだ。

To begin with, it’s properly called St Valentine’s Day, named after an one or more Roman saints. The stories of the Roman ‘Valentinus’ are probably more myth than legend, but one version says that a priest of that name defied the Emperor Claudius and married couples in secret so that the husbands wouldn’t have to go to war.

まず、正確な呼び名はセント.バレンタインズ.デイ。ローマ時代の何人かの聖者に由来する。ローマ人‘ヴェレンティナス’の話は、多分伝説というよりは神話に近いと言っていいだろう。しかし一説によれば皇帝クローディアスの命に反抗し、夫が戦争に行かなくてもいいようにと極秘のうちに若いカップルたちを結婚させていた同名の牧師に由来するとも言われている。

In Britain, we’ve gone pretty commercial about Valentine’s Day and everything from restaurants to the Fifty Shades of Grey movie is promoted in February.  It’s good to remember though that February 14th is based on a simple idea; lovers exchange cards and maybe a small gifts.  I always think a bit of thought is usually more romantic than an expensive present.  Unlike Japan, the exchange is two-way, girlfriend and boyfriend, husband and wife but, if you’re single (or being a bit naughty) it’s also it’s an opportunity to send a secret card to someone that you fancy. In fact, secrecy is part of it and even husband and wives usually don’t write their names in cards – just the words ‘be my Valentine.’   So if you are single and you get a card (or maybe more than one) you may have to guess who send it, which is kind of fun – but best not to guess wrong…

この国でもバレンタイン.デイはアメリカのように商業中心になっている傾向にある。2月に入るとレストランから、映画 ‘Fifty Shades of Grey ’まで全てのプロモーションが始まる。しかし、2月14日の日はごく単純なアイデイアに基づいていることを覚えておこう。それは恋人同士がカードやちょっとした贈り物を交換することだ。日本と違い、この国では恋人同士が両方で交換しあう。ガールフレンドとボーイフレンド、夫と妻など。しかし、もしあなたがシングルであったら(またはちょっと積極的な気分であれば)、気になる人に匿名でカードを出す機会でもあるのだ。もっとも秘密ということは大切なことであり、通常夫婦の間でさえカードに名前を書かない ー ‘私の恋人になってください。’という文章だけである。 ということで、もしあなたがシングルでカードをもらったら(一枚以上かもしれないが)、誰が送ったかを想像する必要がある。楽しいことではあるが、想像が間違っていないよう気をつけなければならない。

As in Japan, flowers and chocolate seems to be the main Valentine gifts, but remember that boys and girls exchange cards and gifts on this day, not just girls and… there’s no ‘tomo choco’, no ‘famili choco’, no ‘giri choco’ – just ‘honmei choco’ for the special one. And there’s no White Day to follow.

日本と同じように花束やチョコレートが贈られる。しかし、忘れてはいけないことはこの日、男女両方がカードやギフトを贈ることだ。女性だけではない。また‘友チョコ’もなければ‘ファミチョコ’もないし‘義理チョコ’もない。 - 特別な人の‘本命チョコ’のみである。そしてこれに続くホワイトデーなるものもない。

So how about me? It so happens that my Birthday is on the day after Valentine’s Day, 15th February, so often the postman delivers lots of cards on the 14th. I never tell him why. This year I designed and made a Valentine’s card for a change (see picture of our bookshelf).

私はどうだろう? 実は誕生日が翌日の15日であることから、郵便配達人は14日に沢山のカードを届けることになる。その理由は彼には話したことがない。今年は私はバレンタインのカードを自分で作ることにした。(上にある本棚の写真を見てほしい)

Card-sending really took off in 19th century Victorian times – this is how our where our images of flowers, doves and hearts started to become traditional.

カードを送ることは19世紀のヴィクトリア時代に一般に浸透した - それ以後、花や鳩、ハートのイメージが伝統になったのだ。.

Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.18 Screen Shot 2015-02-14 at 13.51.31

Anyway, I wish you a Happy Valentine’s Day from the Cotswolds and I hope that you all received some Honmei Choco from someone special.

何はともあれ、コッツウォルズより ハッピー.バレンタインズ.デイ  皆さんが、特別な人から本命チョコをが届いたことを期待する。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s